「類は友を呼ぶ。」これ、本当です。

私は、何度も言うように散々いじめられてきました。
いじめっ子は、女性が多かったですね。

勿論、男性にもいじめられました。
素敵な男性もいらっしゃるとは思うのです。
でも、何故そういう人ばかり引き寄せてしまったのかです。

自分にも問題はありました。

これも何度も述べておりますが、私自身内向的で言葉をハキハキ喋られなかった。そして、いつも怯えていた。
あまり喋らず、とても無口でもありました。会話が苦手で、中々続かない
人に馴染めない。とにかく、友達が出来にくい。
そして、喋ったら失言が多い(苦笑)困ったもんです。

自分の良いところが、本当に判らない。これも、いじめ後遺症
の一つでもあります。

スポンサーリンク

自分がそういう人を引き寄せたのも原因。

いかにも、弱弱しいとやはり同じように「自分より下は居ないか」と
そういう自分に自信がないか、ストレスが溜まっている人を
嗅ぎ付けてしまったわけです。

この最近までそうでした。特に、男性は自分が上で居たいと思われる人が
多いと思いますが、ストレス発散に私のところに来て
態々八つ当たりしてくる人も多数いました。

小学6年生や中学生の頃からでも、男子からのいじめも
受けてきました。男子だと、大声で威嚇したりとか暴力を振るったり
恐くて仕方がない時をいくつも過ごしましたね。

みんな、「こいつなら何してもいい」と思いながら近づいてくるわけです。
そういう思春期を過ごしたので、本当に当時は
私は結婚なんて絶対無理と思いましたよ。
人・・・女性男性関係なく恐いんだから。
弱弱しく居ると、そういう人を引き寄せてしまいがちですね。

これではいけないと思ったので・・・

鏡が見られなかったのを、何とか自分の顔を鏡で見て
顔を上げました。「類は友を呼ぶ」とはよく言いますが、これ本当です。
自分が好きになる、惹きつけられる・・・寄って来る人を見てたら
大体、自分はどういう状態なんだってのが解ってくるんだと思うのです。

「自分をおろそかにしてはいけない!」って
危機感を持ったのが、父が亡くなった時辺りからですね。
人の言うことを聞くのも大事だけど
自分を大事にすることも大事なんだ。
もう少し自己中心的でもいいんだってね。

スポンサーリンク

友達、恋人、夫婦、人の付き合いってそうなのかな。

私の場合は、ミーハーなので(笑)

有名人のファンになって、惹きつけられてしまうってこともやはり
同じと言えます。その有名人と、自分では一見似てないように見えても
どっかその人と似たようなところが出てくるんですよね。(笑)
・・・で、しかもファン歴が長くなると尚更そうなってしまうんですよ。

結局、仕事の付き合いや友達としての付き合いでもそうですよね。
一見正反対に思える人なんだけど、やはりレベルが一緒なのかなって
思う人もいらっしゃるわけで。

人なので、性格が全く同じってのはあり得ませんが
どっかに共通点があったりするのもそうなのかな・・・
そう思う今日この頃です。

あなたの「生きにくさ」は何ですか?

3月は政府が掲げている「自殺対策強化月間」だそうです。
日本は、自殺率が高い国ではありますが
日本という国というカテゴリーで括る以前に
私たちは、私たちのそれぞれの視点で「生きにくさ」を感じる
ことがあるわけです。
あなたが「生きにくい」と感じることは何でしょうか?

 

同調圧力を重んじる民族なので・・・

この「同調圧力」というのが、かなり厄介です。
誰もが思うことに、皆賛同しなくてはいけない空気ってありますね。
それが、自分にとっては賛同できない部分があるのにも関わらず
そうしないと、いじめや仲間はずれといった人間関係が深刻な問題に
なってしまうことになるから、反対意見が言えない空気になりますよね。

私はこの言葉が大嫌いです。
横の繋がりはある程度大事だけど、色んな意見があるということを
一切受け入れずに強制するばかりでは、疲れてきます。
だけど、誰かと一緒で同じだと安心する。正しいという心理は
時に必要だけど、それだけではね・・・息が詰まります。

スポンサーリンク

明るくポジティブ、コミュ力重視。

一人の人間として生まれてきたら、絶対不可欠なのがコミュニケーション。
確かに大事なのかも知れません。だけど、どこに行ってもコミュニケーション、コミュニケーション、コミュニケーション…(無限)
大事だけど、あまり人に関わり過ぎて疲れ果ててしまいます。

これが苦手と感じる人は多いと思います。私も大の苦手です。
人の心って中々分からないもので、そういう人のことって
一番厄介なことが多いと思います。会話がまず、上手くできない。
相手の機嫌を損ねる発言が多いから。

増してや、私のように散々イジメに遭った者からすると
針のムシロを歩かされてるような人生…っていうのかな。死活問題ですね。

しかし、地震が増えてきている昨今なので普段からコミュニケーションは
ある程度取って、協力し合わないといけないなと感じております。

ポジティブなのは、好感が持てますが・・・度が過ぎると・・・

だけど、時に疲れることもあるのに、ネガティブな感情を出して
相手に嫌がられる、また職場だとネガティブな感情をしまい込んで
笑顔で居ないといけない状況もありますね。相手に気持ちよく受け取って
もらうための、前向きな話し方も考えさせられますが…。これが難しい。

全て良いわけでもないのに、「明るく、ポジティブにコミュニケーション✨」
確かにそれが一番の理想だけど、それでないといけない風潮があるのが
逆に私にとっては「生きにくい」って感じます。

失敗は許されない国、それが日本。

自殺率が高いのは、これが一番原因なんじゃないでしょうか。
いい学校に進学して、いい会社に就職して何十年も勤める。
それが国民全員出来ればいいけど、体調の問題や家庭環境など
色んな理由で出来ない人が居ます。だけど、それを許さないのが
この国の人々。

「こうでないといけない。」ばかりだと、息が詰まる。

新卒から一貫して終身雇用で働ける人がこの現在
何人いらっしゃるのでしょうか?

時に、人生逃げ道が必要だなってこの最近私は感じてます。
これが無いと、人間追いつめられてしまって
命を絶つ方向に逃げてしまうわけですよ。

私は日本に生まれてて、この国の習性などは本当に息が詰まるなって
何十年も生きてて、それを一番感じます。

結局、そういう風潮や習性など私たちが自分らで
首を絞めてしまっている部分もあると思います。
人間らしいことを受け入れる余裕が感じられないわけです。

正直、この世から逃げたくなることが何度もありますもの。

スポンサーリンク

今は逃げ道を作る時代に変わりつつあります。

Twitterのイチユーザーが投稿した、某有名塾のキャラである
「サボロー」の二次制作の画像が話題を呼びましたね。
https://togetter.com/li/947918
「死ぬくらいならサボローぜ!」一枚の二次創作イラストに
寄せられた共感の声

これ、同意です。いじめにしても、そうです。
やり過ぎはいけませんが、適度に逃げ道を作るというのは
自分の心にも良いんですよ。時に、真剣に向き合わないといけない
ことも沢山ありますが、あまり根を詰め過ぎても物事の本質が見えないから。

そこから、一旦逃げてみると何か違う視点が見えることもありますしね。

いじめ後遺症に苦しむ実際の体験談。

このブログは、イジメのことがメインです。私がこのブログを立ち上げたきっかけは
このイジメられた経験を元に、もっと知ってもらいたい現実がここにあるからなんです。

NHKの「あさイチ」という番組でも取り上げられたようですね。
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170206/1.html

この辛い現実は、いじめられたことが無い人に知ってもらいたい。
(誤解を与えることを書いて申し訳ない。私は全然テレビとは
一切関係なしで、自分の経験を書いてます。テレビの内容は
一切知らないということを言っておきます。)

以前、「人に好意を持たれるのが苦手」と言いました。

これは、恐らく「いじめ後遺症」の一つだと思います。
その理由も、書きました。やはり、人をどっかで信用できないというところから
来ているわけです。好意の裏側に、利己的な考えがあると疑っている。
実際、若い頃は騙されたことがありました。

私は結婚もしたし、友達も居ました。だけど、職場で人に馴染めないといった
そういう重要な人間関係に支障が出るなど、死活問題になることがあるわけです。

頼りたくても、人に頼ることが出来ません。

基本人を信用してないので、人に頼るとか甘えることが出来ません。
これも何度も書きましたね。しっかりして見られることが多くて、
頼る人を嫌うのもそうですね。
いじめられたように見えないとも言われますが、こういうことを
話したら、不愉快に思われる人も中にはいらっしゃるので
中々話せないだけなのです。

甘えられるのを嫌う人も多いですしね。だから、頼りたいけど
嫌がられるからという根拠のない理由で、中々言えません。

スポンサーリンク

自分が悪いって責めてしまうのもそう。

ちょっと何かをしてしまった場合、自分が悪いって
必要以上に責めてしまうのもそうですね。

相手はそんなに気にしてないのに、こっちからしたら、
何か重大な過失をしたかに思ってしまう。

基本的に、自己肯定感が低いんですよ。自分に自信がない。

人に対して、必要以上に怖がってしまう。

これは、経験したことがない人からしたら理解できないかも知れません。
だけど、命の危険を感じるくらい精神的に追い詰められた経験を一度でも
味わってしまうと、人を好きになるってことが困難になるわけです。

結果、結婚が難しくなったり相手をかえって怒らせて嫌われてしまう。
友達ができにくいのもそうですね。ゼロではないけど、私は少ない。

人の顔色を伺ったり、大きな声が出ない。

「返事をしなさい!」「ハキハキ物を言いなさい!」「もっとしゃべりなさい!」

過去の職場で、こう言われました。その職場の上司や、先輩方、同僚が怖いんです。
転職回数が多いという理由は、根性がないわけではない場合もあるわけです。
仕事において、重要なコミュニケーションが上手く出来ないのもそうですね。

その「人」自体が怖いんですもの。私は仕事の内容以外のことを、現在の職場でも話すことが出来ません。
やはり、話が合わなかったりバカにされるんじゃないかとか
「誰でも苦しいことがあるんだよ!あんただけじゃない!!」って、突き放されてしまうのではないかと思うと、自分の思うことがまず言えない。

いじめられっ子は、意外と魅力的な人もいらっしゃいます。

いじめるってことは、いじめっ子に劣等感があるから
相手に嫉妬して相手を潰す卑劣な行為なのです。

いじめっ子にとって、実はいじめられっ子が脅威的で
この相手を潰さないと、自分は上に立てないという理由で
いじめる子も居ますね。

ここ近年の、いじめによる自殺や殺された事件で、被害者の子たちの
ことをネットで知るのですが、「何でこんないい子が?」って
思うことも少なくないです。

案外、いじめられている貴方は魅力がある人なのかも知れませんね。
何か一芸に秀でていたり、容姿が良かったり。性格が良かったり。
私は・・・微妙かな(笑)

スポンサーリンク

 

この最近は、別の場では少しずつ克服してきてます。

最近は、割と話せば声も大きく話すことが出来るようにはなりました。
ゆっくりと、自分らしくしようと更年期障害になったのがきっかけなのかな。

克服の第一歩は、やはりこれが一番大きかった。

好きなことをする。趣味を持つ。

このブログや、音楽系のブログを読み続けてる方は
ご存じかと思いますが、L⇔Rのファンを長いこと続けているお蔭かな。

言うのに勇気が要りましたけどね(笑)

自分でもびっくりなんですが、黒沢健一さんがまだ存命だった頃に事務所に
ライブの感想や色んな意見をメールしたり、ご本人さんに
「ライブに来てください」って直接お話したりしたのは、かなり大きかった。
人が怖い自分なのに、彼のライブや握手会などに行ったわけです。

その意見が反映された時は、本当に嬉しかったんです。
「私でも言えたんだ。聞いてくれたんだ。」ってね✨

ファンの人と交流したり、ペンフレンド募集でレアものを
もらったりもしました。
また、ファンの人と交流したいとは思ってます。
一時期SNSで、疲れてしまって交流を絶ったから無理かなぁ(汗)

私がSNSをしない3つの理由。

30代の頃は、私はSNSをやっていました。はまっていました。

今は色んなSNSがありますね。皆さんは、それらを上手に活用してるとは
思うのです。しかし、使いようによっては危ないものに変わることも
ありますね。

SNSをしたら、このブログの読者も増えるのだろうとは思うんですけど
何故SNSを現在してないかです。

相手と自分の本性が見えてくるから。

これが一番の理由です。宣伝目的で使用している業者とは違って
一般人は、私生活のことを主にSNSで発信して自分を知ってもらうと
思うのです。しかし、有名人ならまだいいのですが・・・いや、有名人でも
何か安っぽく見えてしまうから、あまり気が進まないんですけど・・・。

やり取りをしていくうちに、本性が見えてきて凄く嫌な気分だったのです。

今だから言えるけど、相手の本性が見えるってことは
私も自分の本性をさらけ出しているんだってことに気づいて
何か悪い気がしたわけです。

mixiは、私がやり始めた時は招待制で
リアルの友達から誘いを受けてやり始めました。

リアルの友達とやるものじゃないですね。相手の本音が見えて、恐かった。
言いにくいことも増えてきて、正直やり場のない気持ちが湧いてきて・・・
それで辞めました。

スポンサーリンク

SNSあるある「幸せ自慢」が嫌だった。

これです。私自身、そんなに自慢できるものが無いし友達は多くないし。
その人の繋がっている友達がSNSで繋がってて、私信みたいな雰囲気だと
入りにくいんですよね。

私からしたら、相手の友達は知らない人だと、尚更モヤモヤするわけで。

本当に幸せなら、態々自慢はしないわけで。
どっかで見たけど、SNSに写真をUPするカップルほど仲があまり良くないっていうのを
知ったけど、何か当たってるような気はしますよ。

人のことは言えません(苦笑)

私も30代の頃に、元旦那や元彼のことを書いたことあったけど
やはり上手くはいきませんでした。寧ろ、知り合いに見られて心配と言う名の
トラブルを引き起こされて、結局仲をぶち壊されたこともありました。
公開して後悔する。文章の書き方が悪かったので、それを学習して
プライベートはあまり晒さない方がいいと悟って、結局は趣味関係に
切り替えました。

スポンサーリンク

知らない人からのナンパメールや、僻まれいじめられて・・・

mixiでの出来事ですが、女性だと判ったら即ナンパメールを送る男が多かったです。
中には19歳も居たんだけど、当時私は30代後半。
「熟女好きか?この人は」って、ちょっと呆れました(汗)

中には、「貴方と情報を交換したいです。」というのも居たけど
何の情報ですか?と、ツッコんだらメールが来なくなりました。
もう、目的がバレバレなんだよね(笑)

Twitterもやっていました。L⇔Rファンの人との交流は楽しかったけど・・・

Twitterもやっていたことありました。ここでは、辞めた理由がやはりmixiと同じ。
それ以来、SNSは懲りました。人ってあんなに恐い生き物なのかなって。

でもね・・・Twitterは、たまにまた再開しようかなって思ったりすることもあるんです。
使いようによっては、かなり便利なツールだから。
使い方によっては、あちこちでも言われる通り「バカ発見器」です。

それを知らずにツイートしてる人が多いので・・・いやはや、恐いもの知らずなんだなって思ってしまいます。

番外編:ディスるなら、ここまで徹底的に・・・出来ないか(笑)

こういうのを発見しました。お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんの
マタニティーフォト(笑)
ここんとこ、私は泣いてばかりいたけど・・・かなり、笑わせてもらいました。
ありがとう!秋山さん、貴方のお蔭だ(笑)こんな女性、居ますね。
花冠つけて写るのが流行っているの?よく分かりませんけど。

https://honto.jp/article/hontoplus/robert-akiyama/23.html

カリスマモデル「リシエル39歳」という設定ですが、インスタグラムというSNSで
こういうマタニティーフォトを披露している方が増えているようで
そういう方々への、ディスりというか風刺とも取れるんだけど…。

ディスってんだけど、見てる人を和ませてるのは凄い。

というか、このリシエルさん幸せそうですなぁ(笑)雰囲気を上手く捉えてます。
既に母親の顔って感じ。自己満足っぽい感じがしないから、好感持てます。
有名人だから、ここまで徹底して出来るんだろうけどね。

子供の名前がまた、上手いねぇ!空気と大気って(笑)
実際SNSで、それを披露している人のフォローをしてる人はどうなのかな?
私なら、ドン引きします。というか、お腹を温めなさいよって言いたい。

バカにされやすい私ですが・・・

どうせ私をディスるんだったら、ギスギスと酷くするんじゃなく
和ませる形でしてくれたら、その人たちとも上手くやれそうな気がするんだけどな。

世の中、甘くないもんだわ。私なら優しいから嫌わないって思ってるのがね・・・。
私も人間だから、嫌なものは嫌ですよ。