○○ロスを乗り越える(2)

昨日の記事の続きです。
書き足りないことがあるので、続けて書きますね。

死別から立ち直ることは容易ではないけど・・・

誰もが乗り越えなくてはいけないことです。
「悲しい」という感情は、確かに良いものではありません。
しかし、喜怒哀楽という人の感情は大事なことです。
出来れば、ポジティブな方がいいのは事実だし、前向きな気持ちは大事。
だけど、そればかりでは疲れてしまいますよね。

相手を思いやる、考えないといけないけど・・・

乗り越えなくてはいけない、前を向かなくてはいけない。
それは、当事者が一番理解しているはずなのですが
たまにいらっしゃるんですよ・・・困ったことに、悲しんでる人に対して
キツイ一言を投げかける人が。
「誰もがそうだよ、あんただけじゃない!」などなど。

訃報があってから、一日二日で簡単に立ち直れる人は居ませんよね。
愚痴を言う相手は選んだ方がいいですね。
間違った相手に話をすると「メソメソするな!」とか
かえって、叱られることも少なくないです。

スポンサーリンク

世の中そんなに甘くないので・・・

こういう愚痴など、こぼせないのは事実ですね。
仕事に支障が出ないように、自分で何とかしないと迷惑がかかるし。
特に、組織の中で働くと人との調和が大事なので
自分のことよりも、人のことを優先しなくてはいけません。

大人になるって、本当に大変なことですよ。
子供の頃のように、素直にその場で感情を出すなんて許されない
事の方が多いしね。人間関係を円滑にするためにも、表と裏の顔を
持って当然になってくるし。

でないと、グリーフワークなんて言葉すら生まれません。
そういう感情のプロセスを踏んでいくことは、今後の
自分の生活にかかってきますので、やはり大事ですね。
このグリーフワーク云々のことは、興味があるので
今後勉強をしたいと思ってます。

スポンサーリンク

大いに泣いて、大いに偲びましょう。

その故人のことも周りの人のことも考えて、思いやる気持ちも大事。
しかし、それをする前に自分のことも大事にしないと
色々支障が出ますからね。

あちこちの関連サイトを、読ませていただいてます。
悲しみから立ち直る期間は、人それぞれで決まっている
わけじゃないようです。

誰かが亡くなると、人生って何かを考えさせられます。

残された私たちも、いつかは命が尽きてしまいます。
私自身は、父もだけど私が生まれる前に兄も亡くしました。
生きていたら50代。いじめられた時は、私じゃなくて兄が
生きていたら良かったのにって何度も思ったな。

年々、この人じゃなくて自分が代わってあげたいって思ったりもしますね。
多くの人に愛される人だと余計にもね。

悲しむ人は少ない方がいいからって思うんです。
もう、誰かのファンはいいかな(笑)こんなにキツイとは思わなかったし。

○○ロスを乗り越える。

この最近になって、私はロスに陥ってしまったようです。
「○○(ここは、貴方の好きな物を当てはめてください)ロス」という
言葉は、この最近になって浸透してきてますね。

この「○○ロス」もグリーフワークが必要。

最近になって、私は「グリーフワーク」という言葉を知りました。
大切な人が亡くなられた際に、残された人の悲嘆のプロセスを
踏む段階のことを指すのですが、時に「○○ロス」・・・ペットなども
該当すると思います。
ペットも、家族の一員ですよね。生き物なのでいつかは
亡くなってしまいます。

ロスはロスでも、これらも人によっては悲しい事実ですが・・・

まだ、憧れの有名人が結婚したとか好んで見ていたテレビ番組が
放送終了するなど、確かにそれらも悲しいことではありますね。
また、好きなグループが解散なども悲しいことではあります。
これらも、「○○ロス」と呼ぶようです。

悲しいことではありますが、今回は人やペットが亡くなる「ロス」
お話をいたしますね。

スポンサーリンク

段階はざっと、こんな感じですかね。

大切な人が亡くなりました。

  1. ショックを受けて、頭が真っ白になる。または、変に冷静になって
    普通に仕事をテキパキこなしたりする。この段階で泣けない人もいらっしゃいます。
  2. お葬式を済ませて、バタバタしたあの時から一段落して故人が居ないということを受け入れだす。この段階で涙を流す。
    「何であの時、早く救急車を呼ばなかったのだろう」など、後悔などを
    する。不甲斐ないと、自分を責めることもある。
  3. 全て感情をぶちまけてしまった反動で、鬱状態になる。
  4. 回復して、故人のことを笑って話せるようになったり
    乗り越えていく。

こんな感じかな?人によっては、反応は様々だと思うのでこれに限りません。
あちこちのサイトで見た限り、こういう感じなのかな。
私自身は、4年前に父を亡くしました。その時も、このグリーフワークが
今思えばありました。
そして、散々このブログでも言ってますがL⇔Rの黒沢健一さんの大ファン
で、去年12月に亡くなられて半端ないショックを受けました。

今、ロス真っ只中なのですよ・・・。
遺族でもないのに、このグリーフワークが、当てはまったわけです。

気が付いたら涙が止まらない。

長くファンをやるのも、何ですね(苦笑)変に思い入れが強いと、そういう
ロスになった時が辛いです。程々が、幸せだったのかも。
自分でもびっくりです。ここまで好きだったのかー!って。

1の段階で、全く涙が出なかったんですよ。普通に、彼の曲を聴いてました。
同じファンの方と話してました。ブログに、L⇔Rの話など自分が判る範囲内で、追憶をたどりつつも更新してました。
ショックというものを超えて「心の整理」という言葉すら
出てきませんでした。

2の段階で、人によっては故人に関するものを持ち歩いたりして
肌身離さずって感じになるか、逆に遠ざけてしまうかという
心境になるようですが、私は現在遠ざけてしまう方ですかね。
彼の曲が聴けません。

常に、重くならないようにはしてきたけど・・・

「依存しちゃいけない」って、思ってしまうのもあるのですが
写真などを見るだけでも、辛くなって泣いてしまうからです。
先月の献花の会に行った後から、じわじわと居ない現実を
受け入れだしたわけですね。

スポンサーリンク

たかが有名人のことでと思われるでしょうが・・・

家族ではないので、他の人には言いにくい事実ではあります。
下手したら批判される可能性があるし、軽蔑されるかドン引きするかもと
思われるので、リアルでは誰一人言えません。
だけど、そういう感情が湧いてくるのですよ。

こういう感情は、故人が好きでないと湧いてきませんよね。
言えないので、表立っては普通に仕事したりしてますが
本当の感情を奥に仕舞っている感じです。

あまり悲しんでると、○○が悲しむよ?

こう言われました。それは分かっているんです。こういうシチュエーションで
良く言われる言葉ではありますし、同意ではあります。
頭では理解できてはいるんですが、それはちゃんと感情を出し切った段階を
踏み切ったら出来ると思うのです。

しかし、私の場合はその段階をまだ踏み切れてません。
上手く感情が出にくくて、最近になってやっと感情をこっそり
出せるようになったわけです。

周囲の人は、どうして欲しいのかを本人に尋ねた方がいいです。

きちんと段階踏まないと、心が病む恐れがあるそうなので
周囲の人は対応に困ると思います。変に慰めるのも傷つく恐れがあるし
あまり構って欲しくないのか、側に居て欲しいのか・・・。
人によって、どうして欲しいのかを聞くのが一番無難かも。