世知辛い世の中ですが、助け合いは必要なのです。いじめで唯一救われた体験談。

 

いきなりですが、連載シリーズ「一人のススメ」は
一旦休みます(早っ!)

私はいじめられたというのは、このブログをご覧の方なら
ご存じだと思います。
私は幼稚園の頃からいじめられました。でも、幼稚園の頃は
先生に好かれていたのが救いだったのか、いじめられても
すぐに立ち直れた。

支えになってくれた大人は居ました。

その先生はお若い方だったのですが、本当に良くしてもらいました。
「頑張り屋のUraraちゃん」と、誕生日カードにメッセージをもらいました(笑)
イジメに関する問題は、周りの大人がちゃんとサポートしてくれると
いじめられてる子は立ち直れたりするし、人間関係を立て直すことも
出来るんだと思うのです。

小学1年生の頃の担任の先生にも、好かれてました。
娘みたいに可愛がられました。イジメが酷かった小学6年生の頃に
心から心配してくださったのが、この先生。

親ですら、あまり心配されないのに…

この先生は、いつも私を名前で呼んでくださいました。
本当に有難かったです。

しかし、私の方が気兼ねしちゃったのか先生に相談できませんでした。
先生でも、色んな先生がいらっしゃいますね。
こういう優しい先生だと、本当に有難いんだけど
今の学校事情は分かりませんが、優しい先生っていらっしゃるのかな?

スポンサーリンク

いじめの自殺を防げるのは、心を支えてくれる存在。

みんな寄ってたかっていじめられて・・・こういう毎日を過ごして
いたら、誰もが精神的に追い詰められてしまうのです。
恐怖感や、追いつめられている状況は冷静な判断力を失います。

人間、一人では生きてはいけません。「一人のススメ(1)ぼっちになって気づいたこと」にも、そう書きました。

誰かが心の支えになる必要があるのです。

しかし、世の中世知辛いもので人を助ける余裕がないのか
見て見ぬふりだったり、無視したりなど
冷たい態度を取る人が殆どです。

何回も言いますが、
いざとなると学校は助けてくれません。

誰か一人でも、手を差し伸べて助けるまでは行かなくとも
いじめられてる子の愚痴を聞いてあげるとか、支えてくれる人が
いるなら、頑張れると思うのですが
現実は厳しいもので、いじめられっ子は一人で日々戦って
自分で逃げるなり、対処するしかないわけです。

やはり現実は厳しいものですね・・・

そういう厳しい現実を小学生から見てきたので、自立心が早かったのかも
知れませんね。甘えるのが苦手ってのも何度も言いました。
いざとなると、助けを求めても突き放されるから。

でも、そういう支えてくれる存在が居るだけで
人って頑張れるものですよね。

誰にでも味方は必要。一人で頑張らないといけないこともありますが
心の支えになってくれる存在は、何かトラブルがあっても
乗り越えていけるわけです。

私が何とか頑張れたのは、友達の存在や優しい先生など
そういう存在があったからです。
生きにくい世の中で、中々人が信じられないけど
当時の先生には、本当に感謝してます。

スポンサーリンク

いじめられた強み。

いじめ後遺症の体験談を書きましたが、乗り越えるには
大変だというのも言いました。しかし、それを逆手に取って
強みに変えることもできます。

私があまりにもいじめられ過ぎて、こうやって体験談をブログにして
皆さんにお伝えすることができたことです(笑)

いじめをする人は、自分の弱さを認められない可哀想な存在なのです。
だから、強く見せようとする。弱い犬ほど、よく吠えると言うでしょ?

本当に強い人は、威嚇しなくてもそういう弱さを認めて
笑いに変えたりして、トラブルを乗り越えられるような人です。
このブログが、いじめられた人の心の支えになれるのかは
微妙ですが(苦笑)

 

ももクロの曲ですが、いじめられっ子に贈りたい。
作詞作曲は、中島みゆきさん。
以前も言ったけど、泣くって結構スッキリしますよ✨

いじめ後遺症に苦しむ実際の体験談。(2)

まさか、いじめ後遺症のことについての記事に反響があるとは
全然思ってませんでした。今までにないアクセス数で、私自身
本当に驚いてます。ありがとうございます。

メールでの相談もいただいたので、更に続編として語らせて
いただきます。他の記事でも語ったことではありますけどね。

後遺症は克服できますが、かなり大変です。

本人の努力が、相当要ります。自殺願望まで出てくると、これは
プロの出番になっちゃいますので、病院に相談をオススメいたします。
今の状態になるまで、本当に大変でした。
ある意味、私をいじめたヤツには感謝したいけどね(笑)

いじめられるってことは、それだけその人の人生までをも
ぶち壊しにしてしまうわけです。
人間なので、欠点があるのは当たり前で本人に問題があるのは
ある程度は仕方がないですが、それも限度があります。

言わないと分からないので、現実はキツイです。

環境が変わって、その元いじめられっ子がいじめられたなんて
言わないと判りませんよね。それを知らない人が大勢いらっしゃるのも
現実なので、本当に甘くないです。
相手は、普通に接してきますし又はいじめられた人ってことで
勘が鋭い人は、「こいつなら何してもいい」ってバカにしだす人も出ます。

スポンサーリンク

自分の思ったことが言えなくなるのも後遺症の1つかな。

私がそうでした。自分の言いたいことが言えない。
私が発言すると、抑えつけるように批判されたり
怒鳴りつけて威嚇されることも多かったです。体の暴力もあったけど
言葉の暴力も、結構多かったですね。

ブラック企業の上司もそう。一々ダメ出しばかりするので、何か言ったら
ダメ出し、言ったらダメ出し…それが続くと、この人に何言っても
無駄だなって思って、会話すら嫌になる。

なのに、「何でしゃべらないの?」「何か話せ!」ってね…
無理だっての💢

会話が苦手なのも、私の場合はここから来てるのかも。
自分が思うことを言ったら、批判ばっかりされて畳みかけられるん
じゃないかって、今でもそれが怖くて中々言いにくいんです。
でも、受け入れる努力をしないことには…人との交流は無理ですね(汗)

スポンサーリンク

否定ばかりする人はやはり・・・

自分に自信がない表れなんでしょうね。自分の考えが揺らいで、相手の意見を取り入れるということがまず出来ない人が、相手を威嚇して大声で怒鳴ったり
「自分は上なんだ!!」っていう思考になるんだと、私は推測で申し訳ないが
そう思ってしまいます。

私も、自分に未だに自信がないところがあります。50近い年齢のいい大人だけど、相手の方が意見を冷静に言ってくだされば、受け入れられるんだけど
あまりにも感情的にとか、威嚇してくるような感じだと会話する以前に
恐くなって逃げてしまいます。

冷静にそういう人を見たらよく解りますけど、そういう人ほど
コンプレックスが強いことが多いですね。

本当に凄い人は、マウンティングをしません。

コンプレックスを見透かされたくないから、無理にでも
「俺は上なんだ!」「私はあなたより上なの!!」って
マウンティングしてきますが、本当に強い&偉い人は
そんなこと一々しませんものね。

いじめっ子の方がメンタル面のサポートが必要かも知れません。
というのも、大抵のいじめっ子は家庭に問題を抱えていることが
多かったりするので、家庭やプライベートが本当に充実していたら
人をいじめるという発想までは行かないはずなのです。

いじめられて耐えるって、すごい精神力が要ります。

これは、以前もどっかの記事で書いたような・・・。
多分、今でも学校や会社でもいじめられて耐えている人
いらっしゃると思うのです。会社は辞めればいいんだけど、今の不況っぷりでは20代30代のお方でも、転職が大変ですよね。

しかし、問題は学校…義務教育を受ける子供くらいの歳だと
学校って、逃げ場がまず限られてくる。
だから、自殺が絶えないわけです。

耐えるって、凄い精神力要ります。これが出来る人は、本当に凄い人。
威嚇して大声出すのが凄い人って思われがちなんだけど
耐えて、必死になって学校に来て勉強に励むって
中々出来ない。だけど、人間なので「逃げ場」が必要なのです。

私の場合は、幸いにも・・・

夢中になれるものが出来たのと、職場に恵まれたことでしょうか。
意見を受け入れてくれる環境が、そうさせたのかも知れません。

今でも、人が怖いって思うこともあるけどいい人も居ないわけじゃない。

だれかにいじめられている学生さんへ。なんども言います。

学生さん(小、中、高、大学生も・・・かな?)に言いたいのは、今は
その学校内の世界しか見えないかも知れません。

だけど社会に出たら、色んな人がいます。
いじめられそうになったら、とにかくにげて。
いじめっ子にちかよらないようにね。
そして、いじめられてるんだってことを声を上げてください。
いじめは決してなくならないけど、あなたはよくがんばっていると思います。

担任の先生がいじめに加担。昔からあります!

愛知県であった、中3男子のいじめ自殺の報道が最近ありましたね。
この思春期である、小学6年生~高校生辺りまでは一番いじめに遭いやすい
時期で、成長期で心が不安定になりやすい時期でもあります。
http://www.news24.jp/articles/2017/02/13/07353967.html

あり得ないと思われる、担任の先生がいじめに加担というもの。
これは、既に私の世代でありました。私自身、経験しました。

小学6年生であった、壮絶ないじめの頃。

一番イジメが酷かった小学6年生の頃の話を、散々このブログで
いたしました。この頃の担任の先生は、えこひいきが激しい人でした。

今、客観的にあの頃を思ってて
先生とは言え、一人の人間。そりゃ、児童の好みもあるだろうし
不満などもあったかと思います。

だけど、その範疇を超えてるものがありました。
私と接するときの態度のキツさは、半端ない。

だから、いじめられたなんて言うと「あんたが悪い」とだけ
言われるどころか、意地悪なことをしかねなかったです。
それでなくても、「これをやるまで帰しません」ってのが多かったのに。
実際、中々帰れないことも多くて泣いたこともあったなぁ。

正直に言いますと、私はこの先生は自分の半生のうちでも
心の底から、嫌いと言える一人でした。

スポンサーリンク

今ではあり得ませんが、体罰もありました。

今は体罰をする教師に対して、ネットで批判されがちですが
私の時代はネットが無い頃。

威圧的に怒鳴る他、頭を叩かれたりというのもありましたね。
他のクラスメイトが居る前で、平気な顔して大声で名前を怒鳴り散らす。
叱るってよりも、明らかに怒り狂ってるって感じで本当に怖かった。

この先生自体が、今で言ったらパワハラに近いことをやっていて
評判が悪かったですね。体罰も普通にあった時代。


私らの時代って、今ではありえないけど、水を飲ませてもらえなかったり
石がゴロゴロある運動場を、裸足で走らないといけないとか
かなり酷かったからなぁ。時代が時代なので、諦めてました。
そんなものだろうって。

そりゃ、追いつめられますよ。

愛知であった中学3年生の男の子、本当は心の支えになるべき
大人にまでいじめられたわけだから、相当追いつめられていたんだと
思います。何でそういうことが出来るのか、大の大人が本当にあり得ない。

こういう時、誰が心の支えになるべきか・・・
私たち大人なのですよ。その大人が、心に余裕が感じられないから
支えにもなれない。人の好き嫌いは仕方がないけど、人を傷つけるという
行為は、一生人を不幸にする最低なやり方なのです。

いじめられたら、終わり。他人事で済ます世の中。

しかも、残念なことにいじめられても誰一人彼らを助けるなんてことを
しない。誰も助けないわけです。
明らかに、「HELP!」を出しても見て見ぬふりされるだけ。

それで、他の人は他人ごとのような目で見てるわけです。
それで憐れまれてもね…私も経験しましたが、人の残酷さや汚さを
思い知りました。そこから、人が良いことを言っても「裏ではどうだか」
って、冷たい目で見てしまうわけですよ。

スポンサーリンク

いじめる人は憎たらしいけど、仕返しはNG。

時に優しい人もいらっしゃるとは思うのです。残念なことに、「本当の
優しさって何なのか?」って疑問に感じるほど、人の心に余裕がない。

いじめ後遺症の体験談を書きましたが、いじめは幼稚で愚かな行為で
いじめた本人は、軽い気持ちで相手の人生までも傷つけるなんて
思いもしません。罪の意識とか、そういう感覚なんて持ち合わせてないから
出来るんだと思います。悪い意味で言ったら、無神経。
↓書いてて腹が立つので、この画像(笑)

人生の成功者も、多数いらっしゃいます。
いじめたことなんて忘れて、結婚して幸せに暮らしてる人も居ます。
しかし、違う方向から見たら、自分が満たされてないので
人に当たって発散するしか喜びを感じない哀れな人。そんな人たちです。

このブログの注目記事にも上がってるので、読まれたらお分かりと
思いますが、仕返しをしない方がいいというのは、いじめっ子は
そういう人が多いので仕返ししても無駄なわけです。

学校は本当に当てになりません。しない方がいい。

基本、学校はその学校のイメージや校風を保つためにも
悪いことは表ざたにしないためにも、対応はしません。

本当に当てになりませんし、しない方がいい。
冷たい言い方ですが、残念なことにこれが事実。
でも、いじめられた!って声を上げて表ざたにしていくことは
いいかも。今はネットがあるので、いじめるヤツは最低だ!という
認識を世間に知らしめるためにもね。

いじめられっ子は、逃げましょう。それが一番の方法。
で、思いっきり泣いて発散しましょう。
✨幸せになる方法✨を考えましょう。

ネットのいじめを交わす方法

いじめは、学校や職場といった「リアル」の世界だけではありません。
やはり、インターネットも人が動かしているので、そこにもいじめという
ものは存在するのです。

いくらデジタル化してることが増えたとは言え・・・

やはり、人が存在して動かしているわけで、2ちゃんねるとかそういう大勢が集まる
掲示板やFacebookやTwitterなどのSNSも、人と人の繋がりがあるわけです。
ブログの更新も、人がPCやスマホで入力して更新しますよね。

そうして、人はその文章でその人の人間性を見ているわけです。
ただ、口で言う言葉と文章で書く言葉の違いは何だと思いますか?

 

文章だと、下手したら冷たい表現になることもある。

口で言う言葉だったら、相手の表情や言い方感情が見えます。
文章だと、文字で判断するので同じ「喜び」の表現を書いたとしても
それが伝わりにくい可能性が大きいということです。

それだけに下手な表現だと、口で言う時とは違って上手く相手を
諭したとしても、それが余計にも冷たく思えて、一層厳しい意見を
言われて落ち込んでしまうなんてこともあり得るのです。
それだけに、文章で相手に気持ちを伝えるって難しいです。

スポンサーリンク

いじめは、「冷たい表現」を超えたその人に対する攻撃である。

基本、そうだと思います。リアルでもいじめは、その人を攻撃する卑劣な行為です。
いじめになるのかどうかは分かりませんが、mixiをかつてやっていた時に
マイミクさんに一人居ました。一々人の日記に、あれこれケチをつけて
随分嫌がらせされました。この人は何がしたいんだろうなぁって、困り果てて
いたのです。その人は、他のマイミクさんにもそうしていたのでしょう。

その人のマイミクの数が、日に日にあり得ないくらい減っていました。
それで、見るに見かねてその人のことは伏せて「ケチつける人が
最近居るので、何を書けばいいのか分からない。」と、更新。

その人は案の定、「自分の思うように更新すればいいんじゃない?」
みたいな他人事のようにコメント。これを見て、これは切るべきだと
私は判断して、マイミクを切りました。

どんなに気を付けても、攻撃する人はどこにでも居る。

残念なことに、これはどこにでも居ます。特に、2ちゃんねるやガールズちゃんねると
いった匿名の掲示板では、本音が言いやすい上に、煽り専門の人を雇って
盛り上げるといったことがあるわけです。
単にストレス発散するために、言う人も居るようですが・・・💦
私は打たれ弱いくせに、書き込んだことがあり、やはり攻撃されてしまった
ことがあります。辞めりゃいいのにね・・・(苦笑)つい、自分が興味ある内容だと
書き込んでしまうのですよ。あちゃー・・・

それで、落ち込んでいるんだから。自分でもバカだと思ってます(笑)

スポンサーリンク

いじめを交わすコツは、辞めるのが一番ですが・・・

すみませんねぇ・・・毎回文章が長くて(笑)
結局、ネットの繋がりは相手を切るか自分が辞めるのが一番なのです。
リアルとは違って、ネットですからすぐに切ることが出来るという点は
便利かも。自分を攻撃したり、意地悪を言う人を相手にしていたら
それだけ、時間が勿体ないですよ。それで落ち込むのも、勿体ない。

理由があって辞められない時は・・・

どうしても、付き合いがあって辞めるわけにいかない場合もありますね。
Facebookはやってないので、よく知りません。LINEは、姉がやっているので
少し聞いたことがありますが、仲間を別に作って、交流することが出来ると
いうことをしているようです。多分mixi(今は知りませんが)でいう、友達を
グループ分けして、日記をその人限定に公開したりすることが出来るみたいな
感じかな?Twitterは、確か鍵をかけてフォロワーさんだけに公開にしたり
リムーブできたりしますよね。

そういう機能を上手く使って、上手に交わしていくことも大事ですね。
それでも、酷いことを言ったり攻撃してくるようなら、犯罪になる場合もあるので
文章を残すなり証拠を揃えて、通報した方がいいと思います。