【リフレッシュ】休みが少ない日本、貴方はどう思いますか?【しよう】

現代では、日本の過労が問題となり
厚生労働省のサイトでは、労働時間等の見直しについての
記事が上げられておりました。
「日本は働きすぎ」とは言っても、私たち日本人は
真面目かつ気を遣う民族性から、「休むのは悪」という
風潮がまだまだ根付いています。

貴方の「休めない」理由は何でしょうか?

とにかく、私たち日本人は休めません。ずっと動きっぱなしでないと
白い目で見られがちですが、正直心の中では誰もが休みたいって
思ったことがあるはずです。

よくテレビでも、「何年間一度も休まず・・・」とあって
いかにもその人が凄いかをアピールする言葉がありますが
この言葉を見てて、貴方はどう思いますか?

私の若い頃は違和感なしに、「この人凄いなぁ…それだけその仕事が
好きで好きでしょうがないんだろうなぁ。素晴らしい!」
思っておりました。
しかし、この最近は自分が疲れやすくなったせいか
この言葉に違和感を感じずにはいられません。

本当に仕事が好きな人もいらっしゃると思います。

仕事が本当に好きな人もいらっしゃるとは思うのですが
あまりにも、休みなしでそれでこそ馬車馬の如く・・・という言葉が
しっくりくる現代の日本人の働き方だと、過労死になるのは
当然だと思います。

スポンサーリンク

働きすぎるデメリット。

私自身がそうなのですが、そんなに忙しくないのに休日出勤が多い会社に
勤めているものですから、パートなのに自分の時間が取れないんですよ。
仕事ですから、やはり気を使ったり体もクタクタだしで
あまりにも働きすぎると、デメリットとして・・・

  1. 体が疲れてるので、頭の回転が鈍り仕事のパフォーマンスが下がる
  2. 一人暮らしや兼業主婦の方だと、家事が思うようにできない
  3. 用事が他にあったとしても、片付かない
  4. 様々なストレスで、心までも病んでしまう
  5. 経済が回らず、かえって不景気を招く。

他にあると思いますが、これらのことが起きるわけですね。
私は一人暮らしですが、家事や用事が中々片付きにくくてストレスが
半端ない時があります。

休みを日本の働き世代の人たちがそれぞれの日に取ると
それだけお金を使うので、経済が回るってことに
この最近になって気づく企業さんも出てきてはいるようですね。

プレミアムフライデーの記事でもお話しましたが・・・

プレミアムフライデーよりも、有給の取得がしやすいように
した方が、どの職種でも納得が行くんじゃないかということを
話しました。

しかし、現実には有給が無い会社も存在したり
有給を取ったら、賞与の額が引かれてしまうなど、ブラック企業が
多数ある、日本の企業。

有給を取ることを義務付けられたとしても
「有給を表向きには取得させたことにして、実際には出勤をさせた」
という風に、偽装するような企業まで出る可能性も
あるんじゃないかと思います。
そこまでして、稼働しまくらないとやっていけない企業があるのも
問題ではありますけどね。

スポンサーリンク

働き世代が減ってきてるからってのもあるけど・・・

やはり、疲れますわな・・・。心に余裕が感じられず、私は車を運転するので
よく見かけますが、明らかに苛ついているドライバーの運転を見ます。
傍から見たら、マジで怖いんですよ。最近、スピード出し過ぎる車が
多すぎる。

このままでは、日本人誰もが過労で倒れるってことは免れません。

だからこそ、たまの休みは重要なのです。

あまり休み過ぎるのも何ですが、たまの息抜きは本当に重要。
日本人は真面目な民族ってことから、息抜きが下手だと思うのです。


若い頃…20代くらいの時は、「働け働け」って言うのが口癖になっている
ご年配が多かったんですよね。「動くことが美徳」というような
そういう風潮だったし。でも、私はこれに既に違和感がありましたもの。
今は、更年期だしで疲れやすくなってきてるので
本当に疲れてどうしようもない時とかは休んでます。

同じ迷惑をかけるなら、どっちがいい?

風邪の記事を大分前に書きましたが、同じ迷惑をかけるなら
どっちがいいかを考えてみてください。

  • 疲れてどうしようない時、「どうしても今日は会社に行くのが無理だ!」と思い、思い切って休みの連絡を入れて一日休んだ。
  • いやいや、一緒に仕事をしている同僚や先輩などに迷惑だし
    休むって言えないから、疲れてるけど自分を騙して体や精神を抑えて
    会社に来ました。しかし、数日後無理がたたって倒れて休んでしまった。

どうしても、会社に行きたくないって思うことは誰もが経験を
されているとは思います。

ブラック企業に勤めたことがあるので解りますが、
ブラックなところだと、休むことはいけないことみたいに
休む理由までも細々と聞いて、何としてでも休むのを取り消させる
企業もありますからね。

休むことで、視点が変わることもあるので・・・

リフレッシュは仕事の活力になるので、思い切って休んだら
罪悪感持たずに、自分なりの息抜きをしましょう。


私はストレスが溜まると、明らかに激太りします。
甘いものを食べ過ぎてしまうんです。
コンビニスイーツは、誘惑の甘い罠ですね(笑)美味しすぎて。

健康診断があったのですが、病院を受診しなさいっていう通達が来たほどに。
こりゃ、イカンわって思って息抜きのために休みました。

あまりオススメ出来る方法ではないけど、日本って本当に
休みにくいですよね。
機械でも、メンテナンスが必要です。
人間もメンテナンスは必要だと思います。

梅肉エキスとバスソルトで血行促進。

最近、私は梅肉エキスを取り入れ始めました。
更年期障害を乗り越えるために、色々試しました。
一番は、やはり食事と運動と睡眠という基本的なことに
気を配るのも大事です。

血行を良くするために実行していること。

更年期障害になりやすい人は、ズバリ私のように
手足が冷えやすかったりします。はい、私は肩こりなども酷いです。
血行が悪いのです・・・(汗)だから、温活をしてるわけですが・・・

  • マンションのエレベーターを使わずに、階段を使って上り下りを
    し始めた。(運動量を増やした)
  • 湯船にバスソルトを入れて、浸かるようにした。
  • 梅肉エキスをスプーン4分の1杯入れて、甜菜糖を小さじ2入れて
    熱湯を注いで、朝夕飲む。

それまでは、高麗紅蔘茶やローヤルゼリーのサプリメントなど
色々試しました。これらも、良いとは思いますが
梅肉エキスが、血行促進の効果が高いというのを見て
飲んでますが、私はこれが一番効果が高かったです。

スポンサーリンク

梅肉エキスは、色んな効果があるようです。

私自身は、梅干しが苦手でした。なのに、何故これをやり始めたかです。
梅肉エキスは、かなり酸味が強いです。

  • インフルエンザ予防
  • 胃腸の活性化
  • カルシウム吸収の促進
  • 結石予防

などなど、あと疲労回復なんかにも良いようですね。
先月から、私は季節性のめまいに襲われていました。
フワフワした感じのめまいです。その時にも、この梅肉エキスを
お湯で溶いて飲みましたら、少し落ち着きました。

更年期になると骨粗しょう症なども気になることから、カルシウムの
吸収の促進効果があるんなら、梅肉エキスって
更年期障害に凄くいいんじゃない?と思い始めて、飲みやすいように
甜菜糖を入れて飲むかと飲み始めました。
直に舐めるという方もいらっしゃるようですが、まだ直に舐める
まではいきません(笑)

結石と、胃腸の病気も罹ったことがあるので・・・

10年くらい前に、私は尿管結石で夜中に病院に行って点滴をして
石を出したことがあるのですが、これ経験された方はお分かりと思いますが
本当に痛いんですよね。のたうち回るし、脂汗掻くしで・・・。

で、4年前に胃の病気もしました。そういう観点から、梅肉エキスを
取り入れだしたわけです。

私が↑飲んでるのは、昔からある、この梅丹本舗さんの
古式梅肉エキスです。これを見ると、どうしても私は
シンガーソングライターのイルカさんのCMを思い出します。
30年くらい前のCMだったと思います。

Amazonだと、ドラッグストアより安いですね。近くのドラッグストアで
90gだと3000円超えましたよ(泣)
6月になったら、梅肉エキス作りに挑戦する予定です💕

スポンサーリンク

このバスソルト、本当に温まります。

半信半疑で使っていましたが、今まで色々使ってました。
オンセンスパインバスを、以前紹介いたしましたが
確かにいい商品だと思います。あの商品でも温まるんです。
日本酒風呂も紹介いたしました。

しかし、難点はちょっと値段が高い上に近くに置いてない。
私の住んでいる地域だと、ネットショップでないと買えません。
日本酒風呂も温まりますけど、難点は純米酒って
コスパがあまり良くなかった。毎日は入れられませんでした。

で、ドラッグストアでも買える手ごろな価格のものを
探して見つけたのがこれでした。

「マックス 汗かきエステ気分 シトラスジンジャーの香り 500g」
これ、私は汗は掻きませんけど相当温まります。
厚着しなくても、冬は助かりましたね。
どうも、これに落ち着きそうです。

普段と違う私って・・・それってPMSかも。

ここんとこ、空気が読めないったら大変お恥ずかしいものを
見せて申し訳ない。
空気を読むのが下手で、私自身性格に問題があっていじめられたのは本当です。
私はたまにブログでも、細心の注意を払って更新してても
迷言、珍言が出てくる時があるのですが、決まって共通する時があるのです。

長年、PMS(月経前緊張症候群)に悩まされてきました。

女性には月経というものがあるのですが、その10日くらい前になると
いつもと違う行動や、食べ物を食べたりなど人によっても様々です。
私は、この期間になると軽い鬱状態になったり目眩を起こしたりします。
人によっては、イライラしたりしますね。

過去の嫌なことを思い出しては、周りにとんでもないことを言ったり
泣いたり、自分を責めたりするのです。
自分でも訳が分かりません。これに振り回されてきて、SNSなどでも
親しくしてくださった方々や、会社でも随分迷惑をかけてきました。
で、月経後になるといつもの自分に戻るのですが
正気に返った時、本当に申し訳なくていつも謝っていました。

スポンサーリンク

やはり、ストレスが原因なのかな?

そう思ったのです。でも、ストレスに男女関係ないし誰にだってあるしで
誰もが、ストレスと上手くつきあっているはずなのです。

でも、そのストレスの現れ方は人それぞれだと思うし
この症状に随分悩まされて、実際婦人科を何回も受診したこともありました。
色々試しました。
だけど、やはり効果を感じられず食べ物に気を付けても
その時期は私は食欲が増してくるので、普段あまり食べない量を
食べてしまったりしますね。

月ごとに、炭水化物が欲しくなったり肉料理が欲しくなったりします。
明らかに、栄養不足なんだと思います。

だからといって、それに甘んじてはいけない。

PMSだからといって、横柄に振る舞ったりなどはしてはいけないと思うし
増してや、人々に心の余裕がないこの世の中です。
自分のことは自分で何とかしないといけないわけです。

そういう時は、ブログ更新を自粛するとか考えて
栄養面を考えたり、お風呂に入ってリラックスするなどある程度
自分で気分転換を図ってはおります。

でも、時々愚痴が出たりしますね。

仕方ないと割り切るしかないけど、周りは迷惑。

「生まれてから、一切迷惑をかけない生き方をしてます。」って人は居ません。
どこかしら、誰もが誰かのお世話になりながら教わりながら、助け合いながら
生きてきてますよね。

ただ、毎月なのでこれが続くと流石に周りが迷惑します。
付き合いきれないって、見放される恐れがあるわけです。
それに怯えてばかりもねぇ・・・余計にストレスの元にもなります。

人前で、そういうところは見せないようにしないといけませんね。
PMSになりやすい性格というのもあるようです。
ずばり、私のような性格の人は本当に酷くなりやすいです。

  • 内向的
  • 空気を読むのが下手
  • 感情を表に出さない
  • 自分にシビア

スポンサーリンク

この最近、大分PMSのことを認知されるようにはなったけど・・・

私がこの症状に悩まされていた当初は、中々理解してくれる人が
居ませんでした。かなり迷惑そうにされて、嫌われてしまった原因に
これもあったわけです。コントロールが利かずに、正気に戻った時になっても
時すでに遅しということも多かったですね。

中には、頭の回転が早い人に分かってもらえたこともありましたが
男性やそういう症状が軽い女性には理解してもらえず、苦労したこともあります。

現在では、専用の治療薬なども発売されたりサプリメントもあったりします。
ただ、あまりにも気になる場合は婦人科に相談した方がいいかも知れません。

 

女性の30代は厄年だらけ。人によるけど、侮れません。

特に女性の30代は、厄年だらけなのです・・・。
私は、厄年と聞いて「悪いことが起きる歳」って思っていました。
人によっては何も無くて、お祓いに行かなかったという強運の方も
いらっしゃるとは思いますが、女性の30代や男性の42歳辺りは
体に相当ガタがくる歳でもあるわけです。

私の場合を挙げてみますね。

私の場合は、前厄(数え年で32歳の頃です)で卵巣嚢腫に罹って入院しました。
右の卵巣が、ひょうたんの如く腫れていたのを
PMS(月経前緊張症候群)の相談に行こうと、訪れた婦人科にて
エコーで子宮と卵巣を念のために診ましょうということで、診てもらったら
腫瘍を発見したということです。更に詳しく診てもらったら、間違いなく入院。

入院は摘出手術のためです。摘出しないといけないレベルだったのです。
人生初の入院でした。

手術は、そんなに時間がかからなかったそうで腫瘍も良性で済みました。
離婚したのが、後厄の年齢でした。

スポンサーリンク

女の36歳年女は厄年。

この年女の時は、丁度仕事が定まらなかった時で精神的に病んでいた頃でした。
車の単独事故を起こしたのも、確かこの辺りの年齢。
この辺りの年齢の私は、本当に身も心も病んでいた時で一番酷かったかも。
借金は作ってしまうし、当時付き合った彼氏も居たけど
やはりその酷い時に付き合ったので、碌な縁を寄せ付けないんですよね。


ここでも「自分を大事にする」ってことは、本当に重要なことで
それが出来なかったのです。部屋も汚部屋でした。

相当、自暴自棄状態だったと思います。
やはり、恋愛において一番大事なのは最近になって判ってきたけど
自分を大事にして、自分を磨いて、自分が素敵な人にならないと
それ相応の人を寄せ付けてしまうってことです。

相手になんだかんだと求めてしまう前に、自分を省みるということを
常に忘れてはいけないわけです。
だから、一昨年になって掃除をし始めたわけですよ。
早く気づけよって、自分にツッコミ入れました(笑)

厄年こそ、自分を省みるのに絶好のタイミング。

そうだということに気づきました。今度は60歳か・・・
その時まで、私が生きてるかどうかは分かりません。

19歳の頃は、ブラック企業に入社した時だったかな・・・
で、父の胃がんが発覚して手術したのもこの年齢の時でした。
当時は今のように、本人にはっきりと病名を告げて余命宣告してなんてことではなく
父には胃潰瘍ですとウソの病名を告げたのだそうです。
かなり低い生存率だったようですが
奇跡的に助かり、私たち一家はほっと安堵の表情を浮かべました。

この時、明らかにこれまでと生活は変わってしまったんだなって
いう実感はありました。

スポンサーリンク

意外と侮れないこの厄年。

何もないのが一番いいのです。お祓いに行かなくて済むわけで。
その厄年に何もなくても、厄年以外に何もないとも限りません。
やはり、人によって良い時と悪い時は違うと思います。
良い時も続かないけど、悪い時も続かない。

人生って、だから面白いのかな・・・(笑)