私がSNSをしない3つの理由。

30代の頃は、私はSNSをやっていました。はまっていました。

今は色んなSNSがありますね。皆さんは、それらを上手に活用してるとは
思うのです。しかし、使いようによっては危ないものに変わることも
ありますね。

SNSをしたら、このブログの読者も増えるのだろうとは思うんですけど
何故SNSを現在してないかです。

相手と自分の本性が見えてくるから。

これが一番の理由です。宣伝目的で使用している業者とは違って
一般人は、私生活のことを主にSNSで発信して自分を知ってもらうと
思うのです。しかし、有名人ならまだいいのですが・・・いや、有名人でも
何か安っぽく見えてしまうから、あまり気が進まないんですけど・・・。

やり取りをしていくうちに、本性が見えてきて凄く嫌な気分だったのです。

今だから言えるけど、相手の本性が見えるってことは
私も自分の本性をさらけ出しているんだってことに気づいて
何か悪い気がしたわけです。

mixiは、私がやり始めた時は招待制で
リアルの友達から誘いを受けてやり始めました。

リアルの友達とやるものじゃないですね。相手の本音が見えて、恐かった。
言いにくいことも増えてきて、正直やり場のない気持ちが湧いてきて・・・
それで辞めました。

スポンサーリンク

SNSあるある「幸せ自慢」が嫌だった。

これです。私自身、そんなに自慢できるものが無いし友達は多くないし。
その人の繋がっている友達がSNSで繋がってて、私信みたいな雰囲気だと
入りにくいんですよね。

私からしたら、相手の友達は知らない人だと、尚更モヤモヤするわけで。

本当に幸せなら、態々自慢はしないわけで。
どっかで見たけど、SNSに写真をUPするカップルほど仲があまり良くないっていうのを
知ったけど、何か当たってるような気はしますよ。

人のことは言えません(苦笑)

私も30代の頃に、元旦那や元彼のことを書いたことあったけど
やはり上手くはいきませんでした。寧ろ、知り合いに見られて心配と言う名の
トラブルを引き起こされて、結局仲をぶち壊されたこともありました。
公開して後悔する。文章の書き方が悪かったので、それを学習して
プライベートはあまり晒さない方がいいと悟って、結局は趣味関係に
切り替えました。

スポンサーリンク

知らない人からのナンパメールや、僻まれいじめられて・・・

mixiでの出来事ですが、女性だと判ったら即ナンパメールを送る男が多かったです。
中には19歳も居たんだけど、当時私は30代後半。
「熟女好きか?この人は」って、ちょっと呆れました(汗)

中には、「貴方と情報を交換したいです。」というのも居たけど
何の情報ですか?と、ツッコんだらメールが来なくなりました。
もう、目的がバレバレなんだよね(笑)

Twitterもやっていました。L⇔Rファンの人との交流は楽しかったけど・・・

Twitterもやっていたことありました。ここでは、辞めた理由がやはりmixiと同じ。
それ以来、SNSは懲りました。人ってあんなに恐い生き物なのかなって。

でもね・・・Twitterは、たまにまた再開しようかなって思ったりすることもあるんです。
使いようによっては、かなり便利なツールだから。
使い方によっては、あちこちでも言われる通り「バカ発見器」です。

それを知らずにツイートしてる人が多いので・・・いやはや、恐いもの知らずなんだなって思ってしまいます。

番外編:ディスるなら、ここまで徹底的に・・・出来ないか(笑)

こういうのを発見しました。お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんの
マタニティーフォト(笑)
ここんとこ、私は泣いてばかりいたけど・・・かなり、笑わせてもらいました。
ありがとう!秋山さん、貴方のお蔭だ(笑)こんな女性、居ますね。
花冠つけて写るのが流行っているの?よく分かりませんけど。

https://honto.jp/article/hontoplus/robert-akiyama/23.html

カリスマモデル「リシエル39歳」という設定ですが、インスタグラムというSNSで
こういうマタニティーフォトを披露している方が増えているようで
そういう方々への、ディスりというか風刺とも取れるんだけど…。

ディスってんだけど、見てる人を和ませてるのは凄い。

というか、このリシエルさん幸せそうですなぁ(笑)雰囲気を上手く捉えてます。
既に母親の顔って感じ。自己満足っぽい感じがしないから、好感持てます。
有名人だから、ここまで徹底して出来るんだろうけどね。

子供の名前がまた、上手いねぇ!空気と大気って(笑)
実際SNSで、それを披露している人のフォローをしてる人はどうなのかな?
私なら、ドン引きします。というか、お腹を温めなさいよって言いたい。

バカにされやすい私ですが・・・

どうせ私をディスるんだったら、ギスギスと酷くするんじゃなく
和ませる形でしてくれたら、その人たちとも上手くやれそうな気がするんだけどな。

世の中、甘くないもんだわ。私なら優しいから嫌わないって思ってるのがね・・・。
私も人間だから、嫌なものは嫌ですよ。

ネットのいじめを交わす方法

いじめは、学校や職場といった「リアル」の世界だけではありません。
やはり、インターネットも人が動かしているので、そこにもいじめという
ものは存在するのです。

いくらデジタル化してることが増えたとは言え・・・

やはり、人が存在して動かしているわけで、2ちゃんねるとかそういう大勢が集まる
掲示板やFacebookやTwitterなどのSNSも、人と人の繋がりがあるわけです。
ブログの更新も、人がPCやスマホで入力して更新しますよね。

そうして、人はその文章でその人の人間性を見ているわけです。
ただ、口で言う言葉と文章で書く言葉の違いは何だと思いますか?

 

文章だと、下手したら冷たい表現になることもある。

口で言う言葉だったら、相手の表情や言い方感情が見えます。
文章だと、文字で判断するので同じ「喜び」の表現を書いたとしても
それが伝わりにくい可能性が大きいということです。

それだけに下手な表現だと、口で言う時とは違って上手く相手を
諭したとしても、それが余計にも冷たく思えて、一層厳しい意見を
言われて落ち込んでしまうなんてこともあり得るのです。
それだけに、文章で相手に気持ちを伝えるって難しいです。

スポンサーリンク

いじめは、「冷たい表現」を超えたその人に対する攻撃である。

基本、そうだと思います。リアルでもいじめは、その人を攻撃する卑劣な行為です。
いじめになるのかどうかは分かりませんが、mixiをかつてやっていた時に
マイミクさんに一人居ました。一々人の日記に、あれこれケチをつけて
随分嫌がらせされました。この人は何がしたいんだろうなぁって、困り果てて
いたのです。その人は、他のマイミクさんにもそうしていたのでしょう。

その人のマイミクの数が、日に日にあり得ないくらい減っていました。
それで、見るに見かねてその人のことは伏せて「ケチつける人が
最近居るので、何を書けばいいのか分からない。」と、更新。

その人は案の定、「自分の思うように更新すればいいんじゃない?」
みたいな他人事のようにコメント。これを見て、これは切るべきだと
私は判断して、マイミクを切りました。

どんなに気を付けても、攻撃する人はどこにでも居る。

残念なことに、これはどこにでも居ます。特に、2ちゃんねるやガールズちゃんねると
いった匿名の掲示板では、本音が言いやすい上に、煽り専門の人を雇って
盛り上げるといったことがあるわけです。
単にストレス発散するために、言う人も居るようですが・・・💦
私は打たれ弱いくせに、書き込んだことがあり、やはり攻撃されてしまった
ことがあります。辞めりゃいいのにね・・・(苦笑)つい、自分が興味ある内容だと
書き込んでしまうのですよ。あちゃー・・・

それで、落ち込んでいるんだから。自分でもバカだと思ってます(笑)

スポンサーリンク

いじめを交わすコツは、辞めるのが一番ですが・・・

すみませんねぇ・・・毎回文章が長くて(笑)
結局、ネットの繋がりは相手を切るか自分が辞めるのが一番なのです。
リアルとは違って、ネットですからすぐに切ることが出来るという点は
便利かも。自分を攻撃したり、意地悪を言う人を相手にしていたら
それだけ、時間が勿体ないですよ。それで落ち込むのも、勿体ない。

理由があって辞められない時は・・・

どうしても、付き合いがあって辞めるわけにいかない場合もありますね。
Facebookはやってないので、よく知りません。LINEは、姉がやっているので
少し聞いたことがありますが、仲間を別に作って、交流することが出来ると
いうことをしているようです。多分mixi(今は知りませんが)でいう、友達を
グループ分けして、日記をその人限定に公開したりすることが出来るみたいな
感じかな?Twitterは、確か鍵をかけてフォロワーさんだけに公開にしたり
リムーブできたりしますよね。

そういう機能を上手く使って、上手に交わしていくことも大事ですね。
それでも、酷いことを言ったり攻撃してくるようなら、犯罪になる場合もあるので
文章を残すなり証拠を揃えて、通報した方がいいと思います。

wordpressのスパム対策。

このブログも、もう2か月経ちます。このブログの記事が、徐々に
検索エンジンに引っかかろうとしているのは、喜ばしいことなのですが
wordpressは、スパムコメントが多いというのは以前から知っておりました。

最初の1か月までは、まだ検索エンジンに引っかからないので
wordpressの機能に慣れないながら、色んな機能を覚えていくのが
大変でしたが、今度はスパムに目を着けられる危険性があるってことです。
徐々に、このブログもスパムコメントが来ております。

世界的に有名な分、スパム業者に目を着けられやすい。

wordpressは、アメリカのブログソフトで誰でも簡単にブログが出来て
尚且つ、表示が綺麗。そこに私は魅力を感じました。
日本でも、このブログを使われている方が増えてきてます。

だから、狙われやすいんでしょうね。
そういうのを知っていたので、コメント欄は申し訳ないのですが
ここでは付けておりません。だけど、来るものは来るんですよね💦

ある程度は来るものだと思って、多少諦め入ってます(笑)

akismetを有効化させるのは、もはやデフォルト。

「akismet」は、wordpressをインストールして最初にログインした後に
必ずと言っていいほど、デフォルトで入っているプラグインですよね。
迷惑コメントを振り分けてくれる優れもの。お蔭で助かってます。
設定方法は、こちらをご覧ください。

このプラグインは、有料を勧めているようですが、無料でも利用できます。
このプラグインは、絶対有効化した方がいいです。
私は立ち上げてすぐに、このプラグインを有効化させておきました。
でないと、訳の分からない英語のコメントが来ます。
保留中のコメントも来たことがあるのですが、コメント欄を閉じてるのに
どうやって送るんだろう?って物凄い疑問です。

スポンサーリンク

迷惑メール対策も忘れずにしましょう。

このブログのメールフォームは、プラグインの一つである「Contact Form7」
使用しております。
これがね・・・画像認証をつけてなかったばかりに、スパムメールが
来ちゃったのですよ。やはり、訳の分からない英語のメールでした・・・。

慌てて、今日取り付けました。
「reCAPCHA」という、googleさんの画像認証の無料サービスを取り付ける
ように薦めているようですね。
詳しくはこちらをご覧ください。「reCAPCHA」は、googleのアカウントが必要なので
googleのアカウントが無い人は、まずはアカウントを取得してから設定しましょう。

スパムは100%防げないとは思いますが、これらの対策は必須。

スパムが嫌なら、はてなブログなどのサービスを使えば済むことなのです。
あ、fc2ブログだけは気を付けた方がいいかも。fc2ブログを、この最近まで
利用していましたが、今でもそうなのかな?スパムコメントが来るので、コメント欄が
付けられなかったのです。あれが無かったら、無料でも使い勝手が凄くいいんですけどね・・・。

あとは、プラグインなどの更新を忘れずにすることが大事ですね。
wordpress自体は、自動で更新してくれるのでしなくてもいいようです。

スポンサーリンク

私はこの理由でgoogleアドセンスを辞めました。

googleアドセンス(広告)の審査に一発で通ったのはいいのですが
審査以後が大事です。
規約を守っているかを監視されるのでしょう。

1クリックの報酬の単価が高いことでも有名。

確かにこれは魅力なのです。それに、1クリックの報酬単価が高いというのは
誰が見ても、登録したいはずです。

私もそこに惹かれました。しかも、スマホからも見られる。
広告コードを貼りつけるだけで、いい。
みんなやってるし、人気高いからやっちゃおうかぁ~🎶

・・・それが、ダメだったわけです・・・あちゃー。

スポンサーリンク

最大の欠点は、規約がやたら厳しすぎた・・・。

最近、人気が高いgoogleアドセンスですが・・・一番の欠点が
「規約がやたらと厳しすぎる」ってこと。
人気が高い故、とんでもない輩が多いからでしょうか。

規約が厳しすぎるので、迂闊なことが書けない。
そんなに、非常識な内容は書かずに気を付けておりますが
・・・というか、今までのブログでもそんなに非常識な内容は書かないし。
自分らしく更新がしにくくなったのが、辞めようと思ったきっかけです。

アドバイスはありがたかったけど、下手な表示をしたらしたで
お叱りメールが来そうで、それはそれで嫌かなって思った訳です。
迂闊なことが出来ない雰囲気で、すぐに警告が来そうで何か恐い💦

「誰にでも健全なサービス。」確かに同意なのですが・・・

これ、確かに大事だと思います。常識の範囲でブログ更新をしていれば
いいし、どの年齢層にも上質かつ健全なサービスをとお考えなのでしょう。
同意出来るのですが、正直厳しすぎるので疲れました。

 

単価云々は低くてもいいから、もう少し緩めにして
「自分らしさ」を優先したいと思ったのです。

単価が高くてがっつり稼ぎたい人なら、googleアドセンスは向いてると思います。
「自分らしさ」を優先なら、他のサービスを探す方が賢明ですね。

幸い、記事数がまだこの記事で36記事しかないからできた。

記事数が50以上だと、アドセンスの広告コードを消す作業が面倒なので
アカウントのキャンセルをしない方がいいのですが、記事数がまだこのブログは
少ないので、出来たのです。

アドセンスを辞めることをご検討のあなた。
辞めるなら早い方がいいです。自分に合う広告サービスは他にもあるってことです。
私は明日から、また探します。

スポンサーリンク