グリルビーフなど、カルビーの80年代のポテトチップスが復刻されて発売。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

カルビーから、80年代で評判の良かったポテトチップスが
復刻されるとのことで、この時代のポテトチップス3種を
買いました。グリルビーフだけ、先に買って昨日食べて
今日は↑2袋をコンビニで買ってきました。

カルビーの80年代ポテチ「エスニカン」「グリルビーフ」が復刻発売 バブル文化ブームを受けて

今、80年代が流行っているようです。

グリルビーフが好きでした。

この3種の中でも、私はグリルビーフ味のポテトチップスが好きでした。

ポテトチップスでも、成型してあるのよりも
カルビーさんやコイケヤさんから発売されている
じゃがいものまんまのポテトチップスが好きなもので
この2メーカーの物をよく買います。…と言っても、最近年を取ったせいか
脂っこい物自体をあまり買いませんが、ポテト系だけは
ちょくちょく買います。

発売当初は「calbee」のロゴじゃなく、「カルビー」と
カタカナのロゴだったんです。
因みに、グリルビーフは1987年発売です。
味はビーフ味ですね。当時私は高校生だったし、まだまだ元気真っ盛りなので
お肉を食べたい年頃。だけど、お小遣いでは買えないので
これで、高級な肉を食べてる感覚を味わったものでした。(笑)

スポンサーリンク

エスニカンのCM。

今で言ったら、コイケヤのカラームチョのような味です。

懐かしいCMです。辛いのがお好きな方には、ピッタリかも知れませんね。
これも好きでした。辛いと言っても、激辛じゃなく
中辛程度の辛さが好きで、エスニック系の辛さが好きな私は
一時期はまっていました。

ただ、現在はコイケヤさんの「カラームチョ」という商品があるので
このポテトチップスが販売終了になったら、カラームチョで
間に合うと思います。
このCMソングも懐かしいです。麗美さんの「fa・ri・ra」という曲ですね。
このCMを見てて、やっぱり女性のメイクやイヤリングに
時代を感じます。バブル真っ盛りの雰囲気ですよ。
因みに、1986年発売です。

お好み焼きチップスは、CMにインパクトあり。

ロシア民謡の曲に合わせて、中学生(?)くらいの子が踊るこのCMは
未だに私は覚えがあります。

CMは2タイプあるようですが、私はこっちの方をよく覚えてました。
お好み焼きのソースって、甘めなのですが
それをよく表現してて、美味しかったです。
因みに、こちらは1989年発売でした。私は社会人になったばかりの時でした。
女性の髪型が、正にバブルって感じです。

スポンサーリンク

80年代とポテトチップス。

80年代と言えば、私が即思いつくのがユーロビートと肩パッドのスーツ。
マハラジャとかのディスコ。
デニムは、ケミカルウォッシュの物。
ロングのワンレングスかソバージュの髪型に、トサカのような前髪。
(これは、90年代初頭でも流行りました)
ワンレングスの意味はこちら↓

ワンレンクス(one length cut)は髪型で、ワンレンクス・ボブのこと。ストレートの髪でフロントから後ろまでを同じ長さに真直ぐ切り揃えたものである。略してワンレン。毛先に段差をつけるレイヤーに比べ、重い印象を受ける。ワンレングスwiki より。

ソバージュは、毛先にウェーブ状のパーマを当てたもの。
そのウェーブを保つために、ムースで固めてました。
ショートヘアのソバージュってのもありました。

若い人だと、平野ノラさんがバブル時代の芸風で一躍ブレイクしたので
あれで何となく、どういうものかがお分かりと思います。

私はなで肩なので、肩パッド入りのスーツがありがたかったんです(笑)
なで肩って貧相に見えるからねぇ…(;^ω^)

どっかで語ったかも知れませんが、未だに私は80年代の
Gジャン持ってます。ガチのビンテージ物になってしまいました。
中学生時代からのですね。今80年代が流行りなので、持ってて良かった(笑)

因みに、ポテトチップスは自分でも作れます。

ただ、かなり面倒なのでコストがかかるかも。
自分で作ったことがあります。
じゃがいもの皮を剥いて、スライサーで薄くスライスしたのを
揚げて、塩とかコンソメパウダーをかけるだけです。

イギリス料理のフィッシュ&チップスだったら、まだ簡単かも知れませんね。
この場合、チップスはフライドポテトのことを指します。

でも、やっぱり買った方が色んな味が楽しめるし
安いので、やはり買った方がいいという結果にたどり着くかも
知れませんね(笑)