【レビュー】天然湯の花を試してみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

前から温活ということで、様々な入浴剤の話を書いてきました。
今回は、本格的なレビューということで更新いたします。

サカエ商事さんの「天然湯の花」を試しました。

私自身、この季節から3月くらいまでは末端冷え性で悩んでおりました。
年々、歳を重ねるにつれて足も冷えやすくなってきているので
様々な入浴剤を試してまいりました。

しかし、これというものに中々巡り合えない。
そこで、ドラッグストアで見かけ、あちこちの口コミでも
評価が高い、この「天然湯の花」を試してみようと思いました。

ドラッグストアにて、袋タイプのが売り切れていた件…。


↑これですね。人気が高いのは。
仕方なく上の画像にUPしましたが、ティーパックタイプを購入。
ティーパックタイプは、値段が高いです。

袋の方が安価です。だから、売れるのね。
どちらも、効果は同じだと思います。

パッケージが何ともレトロで良い感じです。

スポンサーリンク

「ぬくもりがちがいます」は、本当です!

ティーパックタイプの場合は、そのティーパックを
お湯の色が白くなるくらい揉みます。

そんなにお湯の温度が高くなくても、じっくり浸かって
上がった時にその効果を感じました。

袋もティーパックタイプもパッケージに
「ぬくもりがちがいます。」と、堂々と言い切るだけあって
末端冷え性の私の手や足のぬくもりの持続性が
今まで使った入浴剤の中では、ダントツで長かったです。
翌朝、出勤しても手足が温かい。

Amazonのレビューにある通り、香りは無臭です。
良い香りが欲しい人は、不向きかも知れません。

肌の乾燥にも良い?

私は肌の乾燥がひたすら気になっていました。
どうも、更年期になってから気になってきてるようで…
寒くなる今頃の季節辺りから、段々と足中心に痒くなるんです。
セラミドが入った高保湿の化粧水や、痒み止めが入った
薬用のクリームが手放せません。

他の入浴剤だと、足が痒くなるんです。
スキンケアが出来るタイプだと、多少は治まるんですが
それでも痒いんです。

個人差があるので、誰もがそうとも限らないことを
言っておきますが、私にはこの入浴剤だと大丈夫なようです。

スポンサーリンク

 

気を付けて欲しいことが一つ。

シャンプーする際には、この入浴剤を入れたお湯で洗わない方がいいです。
というのも、本物の温泉のお湯で髪を洗うと
髪がギシギシしますよね。あれって、何故だと思いますか?

温泉のお湯はアルカリ性。髪は肌と同じ弱酸性。
アルカリで、髪の毛のキューティクルが開いてしまい
ダメージを起こしやすくなるってわけ。

それが最初私は知らずに、この入浴剤入りのお湯で髪を洗って
しまったがために、髪がギシギシしてしまいました。
慌てて、トリートメントとアウトバストリートメントを付けて
髪を乾かしましたが、それでもギシギシだったんです。
だから、これは本物と思っていいでしょう。

湯垢が付着しにくいという利点もあります。

掃除しなくてもいいほど…というわけではないけど
他の入浴剤に比べて、はるかに湯垢が少ない。

掃除が楽になります。

有名な温泉地に行くのもいいのですが…
その周辺の観光や、温泉街にありがちな食堂や土産物屋に
ふらっと入るのも私は好きなのです。
しかし、末端冷え性が年々酷くなる私は
温活のために、これをリピートしていきます。

忙しくて、旅行に行く暇が中々ないあなたにオススメします。
おうちでゆったり温泉に入るのも、いい気分転換になりますよ🎶