福井中2自殺の事件について。これは、先生からのいじめですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

また、痛ましい事件が起きましたね。
福井県で起きた中学2年生の自殺。
本来、子供を守るべき大人がこれでは
そりゃ、いじめは無くなるわけないですよ。

産経新聞の記事を読んでて、自分と重なる部分が…

福井中2自殺、叱責され過呼吸や土下座も… 怒鳴る担任「お前やめてもいいよ」

↑産経新聞の記事です。
本当に、これはひどすぎる。叱ったり、話し合ったりじゃないんですよね。
自殺した子の言い分を聞こうとしなかったのでしょうか?
私も似たような経験があったので、この自殺した子の気持ちが
本当に良く分かるんです。

自殺してなくて、仮にこの子が生きていたとしても
トラウマで、自分の思うことが言えなくなる可能性が大きかったと
思います。

「どうせ怒鳴られてばかりで、話を聞いてくれないから
理由を言っても無駄だな。」

そう思われて、怒鳴られた方はコミュニケーションを取ろうと
思わなくなるんですよ。
思考的にも、そういう偏った思考になってしまいがち。
怒鳴ってるっていうか、相手は怒り狂ってるみたいにも
思えて怖くなるので、心を開こうとしない可能性もあります。

自分のことで申し訳ないです。誰もがそうとも限りません。

先生だけではなくて、姉やブラック企業の上司までも
叱るんじゃなくて、一方的に怒鳴るって感じだったので
嫌気が指して心を閉ざしたことがありました。

私がコミュニケーションが苦手なのは、言い分を聞いてくれないんじゃないか
とか、色々怖い思いをしたという経験をしたのも原因かも知れませんね。

スポンサーリンク

叱ることは必要ですが、怒鳴るのとは違います。

確かに、やってはいけないということを大人が子供に教えることは
必要なのです。
だけど、怒鳴ってばかりで一方的に相手の言い分を聞かずに
何故怒っているのか、どこが悪いのかどうするといいのか
説明も無いでは、相手は納得しません。

私も、そんな理不尽な叱られ方をされてしまってて
ただただ、私が嫌いなんじゃないか?憎いんじゃないかって
そう戸惑いを感じたことも多々ありました。

でも相手は「Uraraさん?私は貴方が嫌いなんじゃないの。愛してるから
貴方のためを思って叱ってるの!」と聞き入れる様子もないわけです。
それなのに、「何かしゃべれ!」って言われた日には…(苦笑)

「愛あるなら、少しは優しく聞き入れてよ」って言いたかったです。
過去はそんな感じでしたが、今は流石にそんなのは無いかな。

本当にコミュ力がある人は、相手の言い分も聞き入れます。

そう思いませんか?相手のことを受け入れずに、一方的にまくしたてる
人居ますよね。どこにでも、こういう人は居ます。
「自分が上!」だと威厳を保ちたいがために。そういう人は
叱ることに集中しすぎて、余裕を感じないんですよ。

ある程度、しゃべることは必要だけど
ただ「しゃべる」ことと、コミュニケーションを
取るってことは違うわけです。
本当に上の立場なら、相手の言い分を聞く余裕も大事です。

話をして、話を聞く。これが本当の「コミュニケーション」です。
そう思いませんか?

コメント欄がない、このブログの主であるお前に
言われたくねぇーよ!って、つっこまれそうだけど(笑)

スポンサーリンク

過呼吸になるほどって、相当怖かったんだと思います。

自殺した生徒さんは、母親に相談するほどだったので
相当怖かったんだと思います。
私も、自分ばかり怒鳴られた時期があって
本当に嫌になったこともありました。

そこまで追いつめるって、怒鳴った先生は気づいていたのでしょうか?
本当に猛省してほしいものです。
いじめられたら、本当に周りは助けてくれません。

先生がいじめると言う例は、以前当ブログにも書きました。
担任の先生がいじめに加担。昔からあります!
本当に威圧的でしたよ…私の場合は、加担したようなものです。
追い打ちかけて、怒鳴り散らすわけですから
どんだけ大人げないのかが、お分かりだと思います。

まだ世間に知られてないだけで、先生から一方的に
叱られるのではなくて、「怒鳴られる」生徒の例は
ないとも言い切れません。
この世の中、心に余裕が感じられない人がどんどん増えてきてますね。
どうにかしないと、このままでは自殺者が増えるばかりだと思います。