依存しないのが良いとも限りません。視点を変えてみようか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

 

以前は、私は「依存」という言葉を良くは思いませんでした。
人に頼って嫌な顔をされて、「人に頼るな」「甘えるな」と
随分言われて育ったせいか、人に頼るということを過剰に嫌っていました。

でも、やっぱり迷惑かけてしまっていることも少なくないのです。
罪悪感半端ないですね。

全く頼らずに生きられる人は居ない。

やはり、人間ですからどうしても誰かの手を借りることが
必要になってきて、助けなくてはいけない場面も私たちは出くわします。

 

一見、しっかりしてるように見える人でも
やはり、人間なので間違ったことを正してくれる人も必要。

支えあって、助け合って私たちは生きているわけです。

自信が持てるのも、自分に対して「YES!」を言ってくれる人が
居るから生きられるわけであって、「NO!」しかない世界に
居ると、人って自信を失くすのですよ。

だからこそ、どんな人でもある程度の依存って必要なのです。

スポンサーリンク

依存って言葉が嫌だなぁ…(汗)

頼る方は、相手のその時の気持ちなんて理解が出来ませんよね。
最近はありませんが、何度もこのブログで言ってますが
私は頼りやすいようで、べったりと男性に甘えられたり
同性でも頼もしく見えるようで、とにかく質問とか
教えてくれって頼ってくることが多いと。

頼られるのも好きではないので、私は冷たくあしらうのですが
本当に、一時期そんな人ばっかり引き寄せてました。
弱音を吐くと、そういう人に限ってスーッと離れますね(笑)

こういう人、本当に多いから嫌なんです。

要するに、何もかも相手に依存して責任までも押し付けてくる人ですね。
受け身なばかりで、少しのリスクすら嫌う。
自分が責任を取りたくない、叱られたくないから
この人ならいいだろうって思って、その人に身代わりになってもらう。
そして、自分自身の現実と向き合えない。
そういう回避性のメンタルの病気があるようですが
病的なくらい回避したがる人が周りに居たら、専門医に相談してください。

しかし、過去に居たんですよ。責任転嫁ばっかりするヤツが。
まぁ、こういう一見「私(僕)弱いんです♡」って寄りかかって
くる人に限って、案外図太くて長生きの傾向にありますけどね(笑)

スポンサーリンク

あるブログを読んでて、目から鱗状態。

とある人のブログ(有名人ではありません。)を読んでて
私自身意識が変わりました。偶然、検索して見つけたブログでした。
依存しないんじゃなく、一つに依存するのではなくて

「依存先を増やす」ということを書かれていたわけですね。

これには、なるほど!これだと、依存された相手が嫌がることはないなと。
もう少し、見聞を広げていかなくてはいけないのかなと。
自分で、開拓すべきなんじゃないかと。

私は今まで「依存しない生き方」が正しいと思ってました。

大人になったら尚更のこと、依存はダメなんだ。
人に甘えるなんて以ての外!
依存し過ぎは嫌われるし。そんなことで嫌われるのが嫌だ。

そんな考え方でした。
勿論疲れるし、苦戦しても人に何も言えなくて
我慢ばかりしてきました。

でも、そうじゃない。人間だから、疲れることもあるし
助けも要る。心の支えも必要。
だけど、頼り過ぎはやはり良くないし嫌われるから
どうすればいいんだろうか?

依存先は、一つとも限らない。自分で複数作ればいい。

このブログで散々既出ですが、いじめられたら
まずはとにかく「逃げろ!!!!」と。
人生、誰にもだけど逃げ道がないと生きていけないということ。
追いつめられて、一々向き合う必要はないってことなのです。

勿論、これが正しいわけでもありません。
正解は、あなた自身の心の中にありますってこと。