これは同意!小池一夫氏の「オタクの精神状態って正しいよね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

私自身は、Twitterを現在やっておりませんが
とあるサイトにて、このお方のツイートが話題だってことを
知りました。

小池一夫氏が語る「オタクの精神状態が正しい理由」結論付けに注目
↑ライブドアニュースより、リンク。

これは、オタクやってる人は同意出来ると思います。
やはり、ご年配の言うことには耳を傾けるべきだなって。

私のブログにも書いたことですが…

嫌いなものを監視して、悪口を言うのが生きがいって人
確かに居ます。少しぐらいの愚痴とかなら、まだいいと思うんだけど
嫌いなのに、わざわざ必死になってその相手を叩いたりする。
イジメにしてもそうなのですが、生産性が無いんですよ。

「ブログを13年くらいやっている」と、私はプロフィールに書きました。
その中でも、わざわざ荒らすヤツは何人もいました。
長くやってると、色んな訪問者が居ますから。

それで、閉鎖に追いやられたことも何回かあります。

一昔前までは、オタクは変わり者というイメージ。
↑のライブドアニュースにも、記しておりますが
私も変わり者というイメージは無いですね。
小池氏と同意見です。

スポンサーリンク

ただ、迷惑はかけてはいけない。

まぁ、私もオタクやってますわ。音楽のね…というよりも
L⇔Rの黒沢健一さんの…と言った方がいいかな(笑)

でも、元々音楽をやっていたし洋邦問わずにCD買いあさったりしてたし。

以前、鉄オタの人で迷惑行為をしている人のことを
どっかで聞いたことがありました。
多分、好きな電車の撮影をする「撮り鉄」とか言うのでしょうか?
それをしたいがために、入ってはいけないところに
入ったりしてしまったり…。

そういうのは、感心しません。音楽及び、アイドルオタクだったら
その好きな相手に迷惑をかけてはいけないってことは
ご存じですものね。マナーは守ってこその、オタクですから💖

嫌いなことよりも、好きなことに夢中になる。

これ、音楽ブログの内容に近いかな(笑)
というのも、その私の大好きな黒沢健一さん自身が
実は、生前レコードが大好きな音楽のオタクでした。
レコードを見つめる時の目の色が、本当に違っていたもんなぁ。(笑)
(彼のオフィシャルサイトの写真で知った)
大のレコードコレクターでもあったしね。

そういう夢中になれる「何か」を持つって本当に大事です。✨

この世知辛い現代で、10代~39歳くらいまでの我が国の自殺率が
上昇していることをご存じでしょうか?

日本という国は素晴らしいけど、生きにくい要素が多すぎる。

長時間労働、税金や生活用品や食料品の値上げや
日本特有の人間関係の問題など、生きにくい要素が沢山
この世にありますね。

絶望することばかりが今は続く上に、治安も悪くなってきてるし。
このブログをずっとご覧のお方なら、ご存じと思いますが
私はいじめられて、人間不信や仲間はずれなど
散々嫌な目に遭ってきました。

そういう嫌なことを背負ってばかり、負の要素ばかり
考えて生きたいって、誰も思いませんよね。

そういう辛いけど、辛いことを乗り越えるためにも
夢中になれるものがあったりすると、気持ちが切り替えられるわけです。
仲のいい人とおしゃべりして発散するという手もありますが
いざとなる時、その相手がいつまでも受け止めてくれるとも
限りません。

だからこその、「自分の好きなこと」に没頭するということなのです。
私の場合は子供が居ないから、そういうことが出来るので
お子さんをお持ちの方だと、そういう時間が出来にくいかも
知れません。

心を病むことも少ない。曲を聴いてるお蔭で、救われたことも多いんです。
だから私は、天国の健一さんに頭が上がらないんです(笑)

スポンサーリンク

嫌いは好きの反対ではない。

これは、あちこちでも言われている通りですが
嫌いってことは、まだその対象に興味がないわけじゃなく
その対象に対して、何らかの理由で嫌な感情が湧いてる
わけですよね?

その相手に関心が無いのが、好きの反対。

嫌なら、関心を持つのを辞めたらいいんです。
だけど、わざわざ「貴方が嫌い!」っていう態度を示す人も
世の中にいらっしゃいます。(苦笑)
疲れるのになぁ…よくそこまでエネルギー回せるなぁって
思いますもの。
私が更年期のせいか、そんなことに一々エネルギー回していたら
本当に疲れるんです(笑)ただでさえ、体力要る仕事をしてるのに。

自分が楽しい「何か」を持つことを
小池氏の言葉で、改めて考えさせられました。