世知辛い世の中ですが、助け合いは必要なのです。いじめで唯一救われた体験談。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

いきなりですが、連載シリーズ「一人のススメ」は
一旦休みます(早っ!)

私はいじめられたというのは、このブログをご覧の方なら
ご存じだと思います。
私は幼稚園の頃からいじめられました。でも、幼稚園の頃は
先生に好かれていたのが救いだったのか、いじめられても
すぐに立ち直れた。

支えになってくれた大人は居ました。

その先生はお若い方だったのですが、本当に良くしてもらいました。
「頑張り屋のUraraちゃん」と、誕生日カードにメッセージをもらいました(笑)
イジメに関する問題は、周りの大人がちゃんとサポートしてくれると
いじめられてる子は立ち直れたりするし、人間関係を立て直すことも
出来るんだと思うのです。

小学1年生の頃の担任の先生にも、好かれてました。
娘みたいに可愛がられました。イジメが酷かった小学6年生の頃に
心から心配してくださったのが、この先生。

親ですら、あまり心配されないのに…

この先生は、いつも私を名前で呼んでくださいました。
本当に有難かったです。

しかし、私の方が気兼ねしちゃったのか先生に相談できませんでした。
先生でも、色んな先生がいらっしゃいますね。
こういう優しい先生だと、本当に有難いんだけど
今の学校事情は分かりませんが、優しい先生っていらっしゃるのかな?

スポンサーリンク

いじめの自殺を防げるのは、心を支えてくれる存在。

みんな寄ってたかっていじめられて・・・こういう毎日を過ごして
いたら、誰もが精神的に追い詰められてしまうのです。
恐怖感や、追いつめられている状況は冷静な判断力を失います。

人間、一人では生きてはいけません。「一人のススメ(1)ぼっちになって気づいたこと」にも、そう書きました。

誰かが心の支えになる必要があるのです。

しかし、世の中世知辛いもので人を助ける余裕がないのか
見て見ぬふりだったり、無視したりなど
冷たい態度を取る人が殆どです。

何回も言いますが、
いざとなると学校は助けてくれません。

誰か一人でも、手を差し伸べて助けるまでは行かなくとも
いじめられてる子の愚痴を聞いてあげるとか、支えてくれる人が
いるなら、頑張れると思うのですが
現実は厳しいもので、いじめられっ子は一人で日々戦って
自分で逃げるなり、対処するしかないわけです。

やはり現実は厳しいものですね・・・

そういう厳しい現実を小学生から見てきたので、自立心が早かったのかも
知れませんね。甘えるのが苦手ってのも何度も言いました。
いざとなると、助けを求めても突き放されるから。

でも、そういう支えてくれる存在が居るだけで
人って頑張れるものですよね。

誰にでも味方は必要。一人で頑張らないといけないこともありますが
心の支えになってくれる存在は、何かトラブルがあっても
乗り越えていけるわけです。

私が何とか頑張れたのは、友達の存在や優しい先生など
そういう存在があったからです。
生きにくい世の中で、中々人が信じられないけど
当時の先生には、本当に感謝してます。

スポンサーリンク

いじめられた強み。

いじめ後遺症の体験談を書きましたが、乗り越えるには
大変だというのも言いました。しかし、それを逆手に取って
強みに変えることもできます。

私があまりにもいじめられ過ぎて、こうやって体験談をブログにして
皆さんにお伝えすることができたことです(笑)

いじめをする人は、自分の弱さを認められない可哀想な存在なのです。
だから、強く見せようとする。弱い犬ほど、よく吠えると言うでしょ?

本当に強い人は、威嚇しなくてもそういう弱さを認めて
笑いに変えたりして、トラブルを乗り越えられるような人です。
このブログが、いじめられた人の心の支えになれるのかは
微妙ですが(苦笑)

 

ももクロの曲ですが、いじめられっ子に贈りたい。
作詞作曲は、中島みゆきさん。
以前も言ったけど、泣くって結構スッキリしますよ✨