いじめられない方法・・・無いわけではありませんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

では、いじめられない方法は無いものか・・・
これを思われる方もいらっしゃるでしょう。

どうやったら、いじめられないか。
どうしたら、いいのか。私もかなり悩みました。
いじめられずに、人と仲良くして幸せに暮らせる方法。

お読みの皆様、本気で考えたことはありますか?
完全には不可能ですけど、無いとも言えません。

いじめられたから、いじめて自分を守るのはダメ。

これは、一番やってはいけないこと。自分を守るために、強く出ればいい。
そう思って、そのいじめられている子をいじめっ子と
一緒になっていじめるというケースがありますよね。

こうでもしないと、自分が保てないから。
いじめるということは、決して強いからではありません
逆に自分の弱さを認められないから、人をいじめて他の人の目を逸らさせる。
その人も、やはりそうなのです。いじめられないかなって、不安に
なっているから。そうするしかないんだよって、その場の流れでそうなったと
しても、いじめられた方はたまったものではありません。

毅然とした態度を持ち、目線はまっすぐに。

たとえ、こうしたとしても人によっては「何、睨んでるの!」とか
「文句あるんか!!」と、怒られることもあるので本当に難しいですね。
だけど、やはりオドオドと怖がっている雰囲気は
「こいつなら、何してもいい。」と、目をつけられがちです。

普段は大人しい人でも、いざという時に毅然とした態度で
「こうじゃないですか!」とか、きちんとした主張が出来る人でも
陰湿にねちっこく、いじめてくる人も居ます。
しかし、最低でも目線はまっすぐにハキハキとしゃべられるように
これだけでも違うと思います。

周りの人とある程度同調するということも大事です。

どこに行っても、コミュニケーションって存在しますよね。
これが、本当に難しいし一番悩みの種になりやすい。
これが難なく出来る人が羨ましいです。全然、ダメだから。
周りの人に迷惑をかけないことも大事ですね。

スポンサーリンク

自分を大事にとは?

このブログで、散々出てくる「自分を大事にする」ということ。
これもどう大事にしろと言うのか、よく分かりませんよね。

  • 目線を真っすぐに、ハキハキとしゃべられるように
    鏡を見て、自分を見つめられるかどうか。
  • 髪の乱れがないか。
  • 口角が下がってないか。
  • 体調はどうか。
  • 背筋は伸びてるか。

私が現在やっているのは、これですね。

心を保つのは大事だけど、難しいですね。

一時期、自信が無さ過ぎて鏡で自分の顔を見られませんでした。
明らかに、ブサイクだからってのもありますが(笑)それ抜きでも。
自分の顔を見るのですら、嫌で嫌で仕方が無かった。

笑えなくて、口角が下がっていた。背筋は曲がってました。
それでは、どっから見ても「私をバカにしてください。何してもいいです。」って、サインを送ってるようなもの。

嫌なことがあると、鏡が見られないんです。
今思えば、健康にも美容にも悪いですね・・・。

いじめ後遺症があると、どうしてもハキハキ喋られません。

人が怖いからというのがあってか、ハキハキと喋られないと
いったことがあるので、いじめ後遺症は恐ろしいのですよ。
目線を上げられないので、新たにバカにされたりなどされやすい。

メンタルが病んでしまったら、それでこそ専門の方の出番ですが
病むほどでない人だったら、やはりいじめ後遺症の体験談を
語った記事でも言いましたが、「好きなことをする。」
これが一番、自分に自信がつくのです。

好きなことを想像するだけでも、楽しくなりますよね。
そういうワクワクすることを持つこと。
現実に夢がかなうかとか、そういう考えは捨てて
夢中になれるものを持って、没頭する時間を作る。

ワクワク出来る何かを作る。自分がそういう前向きな気持ちを
持てるには、負の感情をどっかで処理するということも大事です。
人に当たるは、無しですよ(苦笑)

スポンサーリンク

世界一受けたい授業でやってましたけど・・・

昨日、日本テレビ系の番組「世界一受けたい授業」でやってましたが
ちょっと内容が逸れてしまいますが、人見知りの人にどうやったら自信が
つくかというので、ネイルと綺麗にするという方法があると。
これ、目から鱗でした(笑)

やったこと無いんですよ。いつも家事してるから、ネイルは出来ないなって
思っていたし。自分の見た目の一番自信あるところを、磨くといいそうです。

これは、私自身実践してみます。