○○ロスを乗り越える(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

昨日の記事の続きです。
書き足りないことがあるので、続けて書きますね。

死別から立ち直ることは容易ではないけど・・・

誰もが乗り越えなくてはいけないことです。
「悲しい」という感情は、確かに良いものではありません。
しかし、喜怒哀楽という人の感情は大事なことです。
出来れば、ポジティブな方がいいのは事実だし、前向きな気持ちは大事。
だけど、そればかりでは疲れてしまいますよね。

相手を思いやる、考えないといけないけど・・・

乗り越えなくてはいけない、前を向かなくてはいけない。
それは、当事者が一番理解しているはずなのですが
たまにいらっしゃるんですよ・・・困ったことに、悲しんでる人に対して
キツイ一言を投げかける人が。
「誰もがそうだよ、あんただけじゃない!」などなど。

訃報があってから、一日二日で簡単に立ち直れる人は居ませんよね。
愚痴を言う相手は選んだ方がいいですね。
間違った相手に話をすると「メソメソするな!」とか
かえって、叱られることも少なくないです。

スポンサーリンク

世の中そんなに甘くないので・・・

こういう愚痴など、こぼせないのは事実ですね。
仕事に支障が出ないように、自分で何とかしないと迷惑がかかるし。
特に、組織の中で働くと人との調和が大事なので
自分のことよりも、人のことを優先しなくてはいけません。

大人になるって、本当に大変なことですよ。
子供の頃のように、素直にその場で感情を出すなんて許されない
事の方が多いしね。人間関係を円滑にするためにも、表と裏の顔を
持って当然になってくるし。

でないと、グリーフワークなんて言葉すら生まれません。
そういう感情のプロセスを踏んでいくことは、今後の
自分の生活にかかってきますので、やはり大事ですね。
このグリーフワーク云々のことは、興味があるので
今後勉強をしたいと思ってます。

スポンサーリンク

大いに泣いて、大いに偲びましょう。

その故人のことも周りの人のことも考えて、思いやる気持ちも大事。
しかし、それをする前に自分のことも大事にしないと
色々支障が出ますからね。

あちこちの関連サイトを、読ませていただいてます。
悲しみから立ち直る期間は、人それぞれで決まっている
わけじゃないようです。

誰かが亡くなると、人生って何かを考えさせられます。

残された私たちも、いつかは命が尽きてしまいます。
私自身は、父もだけど私が生まれる前に兄も亡くしました。
生きていたら50代。いじめられた時は、私じゃなくて兄が
生きていたら良かったのにって何度も思ったな。

年々、この人じゃなくて自分が代わってあげたいって思ったりもしますね。
多くの人に愛される人だと余計にもね。

悲しむ人は少ない方がいいからって思うんです。
もう、誰かのファンはいいかな(笑)こんなにキツイとは思わなかったし。