人の悲しみ方はそれぞれ。問題は、そこからどうするかです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

大好きな家族や有名人など、大切な人を失った。
その他の理由で、悲しいことがあった。
多分、これを読まれている人はそういう理由でここに来られたと思います。

私も、この前悲しいことがありました。悲しみは再びです。

現実を突きつけられて、涙が全く出なかった。

私の場合は、先日L⇔Rの黒沢健一さんの献花の会に参列してきました。
そこで、数々の彼の遺品や写真など多数展示がしてあったのですが
彼のライブでの衣装や愛用のギターを見てて、彼が実際に動いたり使ったと
思われる傷やしわなどを見てて、改めて彼は居ないんだっていう現実を
目の当たりにしたわけです。

他のファンの方は、ちらほら泣いている方もいらっしゃるわけです。
私は、あまりの現実にどういう顔していいのかどう言葉にしたらいいのか
戸惑いました。普段、感情を表に出さない私なので自分の感情が分からなかった。
涙が全く出なかったのです。

以前、本当に悲しいと涙が出ないこと云々を書きました。

多分、それなのかなって思いました。どう受け止めたらいいのか分からないのです。
ショック、悲しい・・・それを超えたものがあったのです。
何故、泣けなかったかです。考えられるのが・・・場所にもよりますが
職場とか、人が沢山居るところだと・・・

  • 大人だから泣くなんてみっともない。
  • 人が居る場所で泣くと「泣けばいいと思って」「メソメソするな!」と、
    怒られるのが嫌。
  • やはり、故人が有名人なので「家族なら解るけど、何で有名人でそこまで?」って
    理解できない人も居るから、泣くと「バカじゃないの?」と、揶揄されかねない。

会場だと、人が多く居て他にも待っている人がいらっしゃるわけです。真冬で寒いし。
時間が限られていたってのもあったわけで、そんな悲しみに暮れる余裕が
無かったのもありますね。

スポンサーリンク

悲しい感情も、時には大事。

「泣くこと=みっともない」と、思われるのが嫌だからってのが一番大きいですね。
やはり、仕事とかしてるとそっちを優先にしないといけないし
場の空気ってものがありますからね。

悲しいという感情があってもいいと思うのです。
確かに「悲しい」という感情は、あまりいいものではありません。
だけど、そういう感情も時には大事。人間、前向きばかりではなく
時に疲れることもあるわけです。そういう感情を出して、吐き出すことも
時には大事なこと。それで前進できるならね。

悲しんでいるのは、故人との思い出が詰まっているから。

何故悲しいのか・・・それは、その故人との思い出が沢山あって
やはり、その相手が好きでないとそういう感情は生まれませんよね。

その相手が生きていた、存在していた証拠。
その相手が居ないっていうことほど、辛いものはありません。
私はそれを改めて知りました。父が亡くなった時もそうでした。


人間なので、その相手との幸せを感じる時間は長くは続かないんだなって
実感した瞬間でもありました。

泣けるポイントがどこにあるのかも、人それぞれ。

これまでも、散々書いておりますが私はイジメに遭ってきました。
本気で命を絶とうとも思いました。心無い人は、どこにでも居るようで
そういう人が多すぎた。正直、生きるのが嫌すぎて生きにくい。

「自分なんか生まれてこなければ良かった」って、何度思ったか分かりません。
そんな自分が何の役に立つのかなって。生まれ変わって、またこの世に
戻りたくもないや・・・なんて思ったりもしました。

だけど、自分の本当に好きな人に出会うと、この人に出会うためなら
また生まれ変わってもいいなって。そういう気持ちに変わっていくものです。

スポンサーリンク

 私が泣けたのは、彼への感謝の涙でした。

私の場合は、健一さんが居ないのが悲しい・・・それだけではありませんでした。
私がいじめられて早々とこの世に居なかったら、彼の音楽を聴いたりライブに行ったりファン同士で交流したり、という楽しみが味わえなかったと思います。

要するに、感謝の涙です。嬉しかったんです。
これを書いてて、私は途中で号泣してしまいました。
彼が一生懸命音楽で色んな思いを伝えてくれて
それに共感できる部分が多くて、そういう色んな思いが入り混じった涙なのかなって。

一番大事なのは、残された人が道を踏み外さないこと。

これが一番大事ですが、道を踏み外さないように、これからは頑張るしかないですね。
悲しむ時は、思いっきり悲しみましょう。引きずらないように、がっつり悲しめる
場所を確保して、時間を作って。気が済むまで、泣く。
これって、本当にスッキリします。✨悲しさのあまりに、道を踏み外したり
鬱病で、引きこもったりなんてことがないように。涙はストレス解消になるって
本当だということを感じました。