有名人の訃報がショックで会社を休むのはアリ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

実際、そういう話を聞いたわけですが・・・
まさか、私がそうなるとは思わなかったです。
ここまで、悲しかったんだなって。

そういう趣味がない人からしたら、バカバカしい理由かも。

身内が亡くなったなら、分かるけど・・・有名人で?と、そういう趣味が無い人
からしたら、正直軽蔑されるかも知れません。

だけど、私の場合はL⇔Rの黒沢健一さんに対して思い入れがかなり強かったわけで
実際、生の歌声を何度も聴いて握手や話までしたことがありました。
L⇔Rの時からずっと応援してきて、本当に大好きでした。

きちんと仕事をこなしてこそ、プロだとは思いますが・・・

それでなくても、彼の曲は大好きだったのでやはりショックが大きかった。
ショックを受けても、きちんと仕事をこなしてこそプロってものだと
そう思われるかも知れません。

日本は、そういうことに関しては厳しいので仕事第一主義でないと
いけないみたい言う人もおられます。だから、言いにくい部分もあるわけですよね。
でも、私はその労働者である前に一人の人間である部分を優先したってわけです。

仕事が繁忙期の時はやはり控えて、日を見た方がいいかも。

忙しい時に休みを入れるのは、やはり迷惑がかかるので
日を見た方がベターですね。たまたま、会社がそんなに忙しくなかったから
運よく休めましたけど、私は休むのはアリだと思ってます。
やはり、仕事が思うように出来なくて迷惑かけたくないですから。

職場によっては、休みにくい職場もあるとは思うので、その辺は自己責任ですね。
ただでさえ、日本の職場は有給休暇制度があっても取りにくい雰囲気がある。
権利なのに、権利ではなく「迷惑」だという風潮が強すぎる。

量や時間だけじゃなく、質も大事なんです。
労働者も人間ですものね。心の状態を良いものに保つのも大事だと思います。
だけど、社風によってはそうじゃないところも多いですよね・・・。

スポンサーリンク

少し落ち着いたら、仕事して気を紛らわすのもアリだと思う。

その前に、周りに迷惑がかかっているので、その辺はきちんとしないといけないのは
当たり前です。
落ち着いたら、仕事に集中すると気がまぎれますよね。
そうすると、何か違った視点が見えてくることもある。

仕事は基本一人でするものではないけど、その一人に何かあった時
崩れたままで仕事をしても上手くいかないものです。
だから、休むのですよ。

スポンサーリンク

自分を大事にするということは、ここでも重要。

趣味や好みは千差万別。色んな人が居るのは当たり前だということは
このブログで何度も述べました。
それを、否定されるのも当たり前だという覚悟で言わせてもらってます。
私自身、いじめられて人間不信になることも多いですが
黒沢健一さんのファンをやっている辺り、まんざらでもないかなって
気づきました(笑)ちゃんと、愛することは出来ますね。

ただね・・・現実はやはり厳しいなぁ。