心も体も疲れた・・・そうだ!お風呂に入ろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

furo_ducky

 

ずっとハードな内容が続いているので、たまには箸休め的な内容を。
夏とか忙しい時などは、どうしてもシャワーで済ましがちですが
もう12月。寒い時期になると、シャワーだと出しっぱなしにしてて
かえって、ガス代や水道代が気になってしまいますね。
湯船に浸かるとメリットが多いのは、ご存じと思います。

身体が温まり、疲れが取れます。

やはり、これがいちばん大きいですね。私の現在の仕事は、かなり体力が要ります。
年の割には、結構ハードな仕事やってます。
更年期に差し掛かる去年辺りから、この時期は冷えが酷いので
入浴剤を入れて、湯船に浸かってます。

去年の夏あたりから湯船に浸かってますが、あまり浸かるとかえってガス代が
かかるので、夏は週に2度くらいですね。

冬は、もっと多いかも。

体の疲れは勿論ですが、心の疲れまで取れます。
嫌なことがあっても、なんかスーッと消化できるといいますか・・・
やはり日本のお風呂の文化って、ありがたいと思う瞬間です。

スポンサーリンク

入浴剤に凝ります。

湯船に入る楽しみは、やはり入浴剤。何にするかが楽しみになります。
最近、私が使いだしたのがこれですね。

↑オンセンスパインバスっていって、パインといってもパイナップルの方
ではありません。松の方です。松の葉の精油のエキスが入っている入浴剤は
血流が良くなるそうで、冷えやすい私にぴったりと思って
私は2.1㎏の缶で購入しました。

かなり昔から(昭和8年)ある入浴剤で、香りもかなり懐かしい感じです。
お湯は黄緑色で、私は給湯器を44度にして、この入浴剤を入れて
(すぐぬるくなるので、これくらいが丁度いいのです。本当は38度~40度が理想だそうですが、この温度だとかなりぬるいです。)
ゆっくりと15分~20分くらい浸かるのが良いようです。
これが温まります。すぐに布団に入って寝ると、朝まで足の温もりが長持ちします。

レトロな物が好きな私には、かなり購買欲をそそられるパッケージだったので(笑)
この最近殆ど毎日使ってます。

スポンサーリンク

冷えのデメリット。

私自身、更年期障害を今年診断されて、食事や運動に気を配るのは勿論ですが
色々調べまくってると、ストレスと体を冷やすのが一番よくないようです。
更年期じゃなくても、体が冷えるって言うのは様々なデメリットがあります。

  • 様々な病気を引き起こす(風邪を引きやすい、肩こりなど)
  • 心が不調になる(イライラしたり、憂鬱になりやすい)
  • 寝つきが悪くなる

体を冷やす食べ物や飲み物を、飲食しすぎないことも大事。

コーヒーが好きな私。コーヒーを飲む際には、この時期はホットで
砂糖は甜菜糖を入れて飲んでます。
以前、白砂糖が体に良くないっていうのをどっかで私は聞いたことがあって
(血糖値の上下が激しくなることによって、体が冷えるのだそうな。)
体を温める作用があるという甜菜糖を、ここ4~5年くらい愛用してます。

fuyu_samui

あとキュウリ、ナス、トマト(いずれも夏野菜ですね)最近一年中ありますが
これらも体を冷やす食材なので、この時期は控えてます。

楽しい入浴ライフにするために・・・

入浴剤を一時期2種類くらい置いてて、「今日の気分はこれ!」とか
気分で入浴剤を決めていたり、好きな香りのボディーソープにするとか
楽しめる要素を見つけましょう。✨

また、入浴剤が高いと感じる貴方は重曹&クエン酸(100円ショップで売っているものでOKです)を買ってきて入れてみましょう。
重曹とクエン酸は、掃除でも役に立ちますが、お風呂に入れても良いようです。

今夜も湯船で温まってきますね。