更年期障害をきっかけに、生活や仕事を見直す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

kounenki_woman

今年(2016年)6月に、私は体にある異変を感じました。

それが、この更年期障害。

髪が異様に抜けて、動けないほどのだるさ。

最初に異変を感じたのは、異様なくらい髪が抜けました。
お風呂の排水口に、すぐ抜け毛がごっそり溜まるほど。
仕事している時は何とか保っていたのですが、仕事が休みの時
全く動けないくらいだるかったです。重だるいという表現がぴったりでした。

そして、理由が解らないままイライラしたり鬱状態になったり。
時に、物凄い目眩に襲われて仕事中に2度倒れたこともありました。
顔のほてりは、夏にありましたね。汗がダラダラ出るんですよ・・・。

一時期、仕事に差し支えるくらい色んな症状に悩まされる始末。

スポンサーリンク

更年期と、仕事。

病院に駆け込んで血液検査の結果、やはり更年期障害でした。

40代の転職は、難しいです。求人を見たことがあったけど、本当に厳しい。

この時、本気で退職を考えました。もう体力の限界を感じていたのです。
日本の企業、全てとは言いませんけど「休む」ということに関して
タブー視されがちです。

話は変わりますが、「24時間戦えますか」・・・無理です・・・。

あちこちのサイトでも言われておりますし、専門家のお方も仰っておりますが
「日本人は働きすぎ」だということ。長時間残業付きで、休日まで出勤で
下手したらかつてあった栄養ドリンクのCMであった「24時間戦えますか」って
ことにもなりかねない日本の会社。

shinpai_woman

最近になって、「日本人が働きすぎて疲れている」と声を上げられる方が
増えてきましたね。いい傾向だと思います。
私が今勤めている会社は、残業や休日出勤が一年中ある会社ですが
以前に比べて、大分減ってはいます。

体を壊す原因は、長時間の労働もあるわけです。
あるサイトで、「長時間労働は達成感があるけど、体に支障が来やすい」というのを
読みました。本当にそうだと思います。
あまり休んでもいけませんが、私たち日本人は働きすぎて
景気の悪化を呼んでしまいました。十分なパフォーマンスも出来ないわけです。

それに付け加えて、更年期障害で具合が悪いわけです。

会社に若い人が多いので・・・

カミングアウトするのも、最初は抵抗がありました。
しかし、若い人が多い今の会社。多分、更年期障害なんて理解してもらえないと
思いつつも、誤解を生みたくないので上司に説明しました。

現在は、HRT(ホルモン補充療法)をしながら仕事してます。
幸い、今では残業を減らしてもらって早く帰られるようになりました。
たまに、疲れが酷い時がありますが以前に比べたら大分軽減されています。

スポンサーリンク

更年期と日常生活。

中々、更年期障害を理解できない方もおられるでしょうが
家族がおられる方は、やはり話し合いましょう。心の状態が不安定になりがちな
時なので、よく理解してもらうことが大事です。

日常生活では、なるべく楽しみを見つけて
食べ物も野菜が中々摂れないので、カット野菜の宅配をお願いしたりしてます。

問題は、運動。苦手なんです・・・続ける方法は?

元から運動が苦手な私。やはり、自分が苦手なものって続けるのが困難ですよね。
自分が得意な物や、好きなものは長続きできます。
運動は体にいいと分かっても好きでない限り、続けるのが難しいと思います。

そこで、発想の転換。買い物という目的がある時など、「目的」のために
動くことがあると思いますが、その時って運動してるっていう意識よりも
買い物という目的を果たすことの意識の方が強いですよね。

そうです。買い物するために、スーパーでもコンビニでもいいので
歩ける距離ならば、歩くのです。特に、好きなものを買う時って歩くのも
苦になりませんよね。または、ipodやスマホにも音楽入れられるので
イヤホンしながら、歩くのもいいと思います。

変に「運動をする」という意識を持ちすぎないことです。

とにかく、この更年期は「無理をしない」ことです。