人間不信の原因と、克服の方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

sagishi

人間不信・・・これほど、辛いものはないです。
年々色んな人に出会い、経験をしていく度に
本当に信用できる人って居るのかが、疑問に思えてくるようになります。
どうやって信じていけばいいのか、私自身手探り中ではあります。

人間不信の原因。

自分が相手に対して期待を持ちすぎるのも、原因なのですが
やはり、対人関係で辛いことを経験すると、どうしても相手がいい人であっても
「いつか、裏切られるんじゃないか・・・」という不安が付きまといます。

対人関係での辛いこと・・・具体的に言えば、学校で職場やママ友関係などの間で
いじめられた、親に虐待を受けた。
他にも、恋人や夫婦関係でモラルハラスメントをされた。
職場でパワハラを受けた、または詐欺に遭ったなどですね。

あとは存在を無視されたり、軽い扱いを受けたりなどもそうかと思います。

スポンサーリンク

人間不信は、友達が出来にくい原因にもなる。

私が、人がどんどん離れた原因に一番関係していたのが、「人間不信」だったのかも
知れませんね。職場でも、私が所属している部署が人の入れ替わりが激しくて
新しい人と接するにしても「この人もいつかは辞めるんだろうな。」って、思ってしまう。
「この人は、絶対私の元から離れていく」など、そう思ってしまうわけです。

kids_mushi_girl

案の定、離れてしまいます。もう、そういうオーラを出してしまっているわけです。
これでは、誰も近づきたいって思うわけがありません。
こういうところが、自分でもかなり嫌気がさしてます。

何故、そういうオーラを出して人を突き放すのか。

ネットでも、そういうオーラが出ているんでしょうね。
どんどん離れてしまって、mixiでもTwitterでもそうでした。

裏切られるって、思ってしまうんですよ。どうしても、人間っていうのは
自分勝手な生き物で、気分もコロコロ変わることもある。SNSは、軽い趣味関係
などで繋がるツールなので、私の考えは重すぎてSNSは合わないと
判断して辞めました。
一緒に帰っていた友達からも、いじめられた時助けてくれなかったりなど
そういう辛い経験をしてると、どんなに相手が思いやりがあっていい人であっても
信用できなくなる。本当に申し訳ないって思いました。

縁が無かったと思えばそれまでですが、流石に人間不信なのはまずいですね。

自分が信用される人になろう。

世知辛い世の中なので、一生懸命やって相手を裏切らないようにしようと
思っても、軽視されてしまうとか無視されるとか、そういう嫌な扱いを受けることが
多いのです。

しかし、それを継続していくとどうでしょう?

「私は貴方を裏切りませんよ。」ということを、最初は無視していたり軽視した人が
居るとしても、それを理解してくれる別の人が居るかも知れない。
あまり期待するのも何ですが、思わぬところを評価してくれる人も現れる。

無理をせずに、少しずつでも信用してもらえる行動を自分から起こしていくことも
大事だと思います。

スポンサーリンク

甘えられないというのも人間不信が原因。

以前、「甘えたくても甘えられない・・・甘えることは悪いことか?」という記事を書きました。
人に甘えるって言う言い方も、あまり宜しくない言い方ではありますが
いざ、何かあった時に助け合える人間関係を築くのに、この「信用」というものが
一番大事なのです。

一方的に甘えてばかりで、相手が甘えたら一切助けずに突き放すといった
非常に利己的な考え方をされている方もいらっしゃいます。
そういう人に当たってしまったら、最悪ですね・・・。
こういう経験も、ありました。一回断られたら、二度と私は相手に言えません。

「信用し合う」「助け合う」これが大事です。

人間関係で何が大事かって、「信用しあう」「助け合う」ってことじゃないでしょうか?

yubikiri_couple
相手に甘えてばかりで、都合よく相手を扱うっていう考え方をされる人が
居るなら、その人から離れた方がいいですね。「簡単に言うな」って言われそうですね。

人間は支えあっていかないと、生きていけないことも沢山あるのに、
一方的な関係を望んでばかりで、自分だけ得をしようっていう考えを持つと、
それでこそ、いざ何かあっても誰も助けてくれないという目に遭います。

また、甘えられてばかりいることに悩む人も、はっきり相手に言う勇気も大事です。
でないと、疲れます・・・本当に。

まとめ:信用をしてもらうのは大変ではあるけど・・・

人間不信の人に「信じろ」って言われても、中々難しいものです。
過去に裏切られたことは、結構根付いてしまうので、それを直すのは容易ではないからです。でも、「自分が信用してもらえる人になる」という努力だけは
少しずつでもしていきましょう。私も、この努力は怠らないようにします。