大人のいじめについて。そりゃ、いじめが無くなるわけがない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

今までは、子供のいじめのことを書きましたが、大人でもいじめが後を絶ちません。
そのせいで、命を落とした方もいらっしゃるわけで。

大人になると、組織社会の後ろ盾があったりで
その中で上手く付き合わないと、トラブルが起きたりもします。
いじめる側が、のさばっていることが多いんですが
大人の世界になると、厄介なことも多いですよね・・・。

 

大変恥ずかしい話ですが・・・

私の知ってる人に、いじめっ子が居ます。正直、恥ずかしい。
いい大人が、ストレス発散の仕方が下手なわけですから。

sabetsu_josei

いじめてる原因は、やはり本人にあることも知っています。
自分が突かれたくない問題を隠すかのように、人を攻撃する行為自体を
恥ずべきだし、後々自分の元に返って来るわけです。

自分が上手く行ってないからと、怒りなどでぶつけられても
迷惑なだけだし、私にも被害が及んできたので連絡を絶たせてもらいました。

いじめて、上に立っても虚しいだけ。

今の会社にも、かつて居ました。「自分が上」って、マウンティングしたいのでしょう。
自分が本当に上なら、仕事で成果を十分に出して見本を見せてくれるだけで
いいわけです。だけど、何が不満なのかが分からないんだけど
ことごとく私にぶつけてくるので、迷惑極まりない。今の会社は
専門の相談窓口があるので、相談しました。それで、解決しました。

子供の頃と違って、今は私も大人。何も言わずに黙って我慢していた時代は
とっくの昔に終わってます。

芸能界などで何年も生き残っている理由は、気が強いだけではない。

芸能の世界やモデルの世界でも、同業者との競争に勝ち抜くためにも
いじめるくらい気が強くないと、やっていけない場合もありますね。
だけど、本当に何年も売れ続けている人は、いじめて蹴落とすのではなく
他に強みがあって、人々を魅了出来るから生き残れるわけです。
実際、いじめられた経験をお持ちの芸能人が
売れて成功した例は沢山ありますよね。

スポンサーリンク

自分を見て!自分自分!!・・・いじめっ子の共通点。

子供にしても、大人にしてもイジメをする人の共通点は
多分ですが、この見出しの人が多いかも。

以前も書きましたが、人付き合いが上手くて、一見人当たりがいいんだけど
どっかに闇を抱えてて、愛に飢えているようにも感じるわけです。
「私を愛してほしい」「私に構って!」と、必死で一人になることを
恐れているかのように、アピール力が強い人がそうなのかなって、思ってます。

ue_mezasu_woman

自分が一番でないと気が済まないっていう人もそうかな。
自分が一番なので、相手の存在が邪魔だからっていうのもありそうですね。

意外だけど、甘えん坊で秘密主義(?)

そして、甘えん坊も多そうです。弱い人を見つけては、本性を出すあたりは
そうかなって。その相手に攻撃することで、ストレス解消してるのも
実は甘えてることにもなるのです。

自分よりも強い人とか好かれたい人の前では、ころっと態度を変えて媚びて
分からないようにするので、意外とコソコソするのが好きな人も居ます。
これは、私をいじめた人がそういうところがあるっぽい感じだったので。

いじめっ子は社交性が高くはありますが・・・

いじめる人は、結構社交性高い人が多いと思います。
会社でも幹部に取り入ったりして、周りを引き込むのが上手くて
カリスマ性がある人もおられるのは、正直羨ましいかな。
私には1ミリも無いので(トホホ・・・)

自分よりも弱い人を見抜く力に非常に長けているのも、彼ら彼女らの強み。

いじめられっ子から、いじめっ子に変わる人も居ます。

自分を守るために、いじめっ子に変わる人も居るけど・・・
私は正直感心しないですね。その時は、自分を守られるでしょう。
だけど、後々後悔しますね。

ijime_girl

後になって、自分にじゃなくて自分の家族に返って来る場合があるから。

いじめられて悔しい思いを散々したはずです。自分がされて嫌なことを
人にするという行為は、してはいけないことなのです。
その悔しさを人に向けるのではなくて、他に向けるという発想を
持ってほしいかな。人によっては、そう考えにくいかも知れませんけどね。

スポンサーリンク

まとめ:人に迷惑がかかるから、自分の身の回りを解決しましょう。

大人も子供もいじめは、本人が上手くいってない場合と本人の気質もありますね。
ストレス発散を人に向けるのではなくて、仕事や自分の得意な分野にぶつけて
必死になれば、いじめている暇など無いはずです。

自分の身の回りが原因なら、解決して迷惑かけないようにするのが
大人としての本来の行動だと思うのです。

元々、そういう発想でしかないのも哀れだし、虚しいだけだと思うんですけどね。
私が世間知らずなだけなのでしょうか・・・。