【経験談】「定着率はいいの?」←どこをどうツッコもうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

またもや、ブラック企業経験談シリーズ。
この会社は、派遣社員として働いておりました。
当時30代半ば。電子部品の工場でした。
この会社は、現在ありません。まぁ・・・何か解る気がしましたけどねぇ。

割と得意である、半田付けの経験を活かせると聞いて。だけど・・・

電子部品の工場で、一枚の板から色んな部品を組み付けて
所々半田付けしていく作業を、面接で見せてもらいました。

job_handa_duke

半田付けは、私経験がありまして、実は結構得意でした。
私自身、こういう地味な作業が大好きです。
ただ、当時のそこの上司に履歴書を見て一言。
「定着率はいいの?」と・・・。今となっては、「この会社の人の
定着率を見たら、私のことツッコめないじゃん!!」って、ツッコミ入れられますが

新卒で経験したブラック企業で「ブラック企業とはこういうもの」というのを
学んだはずですが、ここでは違う職種なので活かせてなかったのが
一番痛い点でした。

スポンサーリンク

いざ、入社したら怒号飛び交う、パワハラのオンパレード。

入社したら、言われた内容と実際する内容が全く違ったのです。
部品の組み付けじゃなくて、契約社員さんなどに部品組み付けるために
準備をしなくてはいけない、部品の用意をする工程。
しかも、この会社はしょっちゅう怒号が飛び交っている有様。

契約社員が派遣社員を怒鳴り散らすといった具合に、契約社員が偉いと
暗黙の了解の雰囲気でした。
部品が用意出来てないと、怒鳴る、上司と部下が喧嘩することなんてしょっちゅう。

businessman_cry_woman

トイレで、私は何度も泣きました。上司の一人に、上手く仕事が出来ない私までも
怒鳴る始末「おまえ、どこの派遣会社か!仕事が出来ないのか!!」「簡単に部品を取りに行くけど無駄を増やすな!!」などなど。私はこの当時「私は無能なのかな・・・」と、悩み出しました。
休日出勤は、強制。初日から残業は当たり前。
残業が100時間超えるとかそういうのは無かったけど、パワハラがひたすら
酷かったです。今思うと、直属の上司といい、その課をまとめる上司もだけど
ストレス発散してるかのような感じでした。

仕事の仕方をノートにまとめて、派遣の担当さんに退職を言い渡す。

派遣の担当(営業の方)さんに、「言われた通りに仕事が出来てないそうですが、どういうことですか?」と、問い詰められる始末。
言われた通りも何も、ちゃんと分からないところは聞いてやってるのに
「お前何か月経つ?こんなのも分からんのか?」みたいに言われてごらんなさい。
一生懸命やってるのに、こんな言われ方されるとやる気無くしますよ。

確かに、覚えが悪かった私も私でした。だから、メモをしてマニュアルをノートに
作成して、必死で覚えてきました。けど、度々「出来ないのか!」とか
傷つくことも結構言われました。

これは、辞めるしかないと思って退職を言い渡しました。
引継ぎの人を入れてもらって、その人に引継ぎをするために
マニュアルノートを渡しました。後継の人は割とはっきりと不満を言う人っぽく、結構言ってくれたんだけど、退職まで私はその仕事は後継の人に引き渡して
私は、居場所を失う結果に。隅っこに追いやられて、身動きできない雰囲気でした。
本当に、この会社は居づらかった。

スポンサーリンク

案外、当たっている上司の人相。

当時の派遣会社の担当さんが仰ったのが、「あの上司の方は、派遣だろが契約だろうが、隔たりなく接してくれていい人なんですよ~」と。
私はこれを、かなり疑いました。だって、その真逆だったわけですから。
いかにもパワハラが酷く、大声で喧嘩が絶えない職場に
一生就きたいなんて、誰が思いますか?派遣社員という立場上、本当に厳しさを
学びました。仕事が出来なかったら、やはりそこを立ち去るのが当たり前なのです。
派遣社員は即戦力でないと、やはりダメだと悟った瞬間でした。
私の無能さや未熟さを痛感した瞬間でもありました。

言葉は跳ね返りますよ・・・

言霊とはよく言ったもので、「定着率」を突っ込んだあの上司の一言は
「この会社自体が、社員の定着率の悪さ」を示していて、そこを突かれたくないが
ために、ああ言ったとも取れるわけです。実際、人の入れ替わりが激しかったし。
言葉は跳ね返るので、発言は気を付けたいものですな。