ブラック企業は、デメリットばかりではない3つの理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

shinki_itten_woman

ブラック企業の体験談というか経験談は、まだこの後書きますが
何もブラック企業での経験は、デメリットばかりではありません。
それをメリットと捉えるのか、デメリットと捉えるのかは貴方の気持ち次第で
どうにかなるということなのです。

あんなに辛い思いをしたのに、メリットあるの?

ブラック企業で勤めてて、確かに辛かったことが多かったのは事実なのです。
美容師見習いの経験話を(全人格労働の記事です。ブラック企業のカテゴリーにあります。)いたしましたが、インパクトがあるのは悪いことばかりでした。

人間って生き物は、都合のいいことばかりを思い出すという悪い癖があります。
しかし、その中でもいい思い出が少なくともあったはず。

私の場合は、当時のお客様にシャンプーを褒められたとか
当時は既に500円は硬貨になっていましたが、私の子供の頃は500円はお札でした。
今となっては貴重なものですが、500円札をお客様からいただいたのです。
そのお札、現在も引き出しの中にしまってます。画像・・・は、後日載せますね。

多分、実家を出なかったら役に立たなかっただろうということを
結婚してから、発揮しましたね。理由は以下のことです。
強みでしたね。まぁ、離婚してしまったので今ではいい思い出です。

スポンサーリンク

「自分を大事にするということ」が、どんなことかが分かってきた。

指導してくださったのは、大変有難かったです。優しい時も勿論ありました。
だけど、時に暴言とも取れる言葉も多かったので、傷つくことも多かったです。

pose_syourai_woman
幹部の人たちを見てて、言いにくい話ですが尊敬とは言い難かったです。
全人格労働をされているわけで、この当時は何となくだけど
こんな働き方だけはしたくない。「自分が大事って考えは、自己中でいけないこと
なのかな・・・」って、思い悩みました。自己中だと、散々言われて育った私。
労働って、本来は人生の一部なわけです。もっと世間を知って
自分で色んな人に出会って、学校で学べなかったことを
学んでいきたいって、思ったからなのでしょう。

まだ、当時22歳くらいの頃でした。

こういうのがブラック企業なのか・・・と、次の就職に活かせた。

「Uraraは世間知らずだから・・・辞めたらどこも務まらないよ!」って言われていましたが、ここに居たらかえって井の中の蛙状態だと思ったのです。
多分「どこも務まらないよ!」は、裏返すと「絶対離したくない」って
ことだったんだなと、言葉の裏表を学んだ気がしました。
勿論、人の裏表もここで学びました。

辞めてから、ブラック企業ってこういうことかってのを知りました。
この当時は「石の上にも三年」というように、最低でも3年は我慢して
あまり転職するのは、忍耐力が足りない&格好悪いみたいな風潮でした。

今でも、圧迫面接だと面接官にチクリと言われるかも知れませんね。
美容師って職業は、確かに素晴らしい面も沢山ありますが
私には合わなくて、違う仕事に転職しました。

スポンサーリンク

そして、このブログで体験談を話すことができたこと(笑)

ブラック企業で勤めたことは、人生の勉強にもなりました。
このブログで話すことによって、お役に立てれば幸いです。