いじめは、いじめられる方にも問題がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

question_head_girl

高校生の時に、担任の先生からそう言われました。
「いじめられるってことは、いじめる方だけじゃなくて
いじめられる方にも問題が
あります。」この当時は、ショックでした。
「私、そんなに悪いことしたの?」
意味が解らなかったのです。

何故、私はことごとくいじめられたのかを考えた。

私の場合はですが、一番酷かった小学6年生の頃だけじゃなくて
既に幼稚園の頃から、人が違えどいじめにというか嫌がらせされることが
多かったです。

性格的な問題ですね。元々、気が小さくて大人しい。
オドオドしていたら
間違いなくターゲットにされてしまうのです。
自分の思うように言えなかったのは、既にこの頃からかも知れません。
それはそれで、私も悪いところがあったわけです。
これは、自分でも反省しなくてはいけません。

自分の思うことをビシッ!と言える人ってのは、
相手から見ても気持ちがいいし
やっぱり印象は良いですよね。
よく言われたのが「ハキハキ物を言いなさい!」って
よく怒られました。

「自分に自信がないと・・・」の記事に通じるものがありますが、厳しく躾を
って思いすぎて、つい強い口調で細かく言いすぎてしまうと、どう言ったら
許してくれるのかを考えてしまうわけです。下手したら、親や目上の人の機嫌を
うかがうようにして、気を遣い始めるということです。

スポンサーリンク

その自信のなさがイライラするんだよ!(相手の心の声)

多分、相手から見たらその私の内向的で挙動不審さが苛ついたのでしょう。

大人しく反論しないとくれば、同じように自分に自信がなく、
特に目上の人や他の人の前で、思うように自分が出せない人からしたら
「こいつの前なら、何言っても何してもいいんだ!」と、調子に乗って
本性を現してくるわけです。
ストレスのはけ口にされてしまうってことですね。

それに甘えてしまうのが、いじめをする人たちなのです。

これが、本当に多数いました。
今でも、そういう人が多いです。

ストレス社会と言われる現代ですが、ストレス
溜まっている人多いのかな?大抵は相手の本性が
判るので、分かりやすくていいなってちょっと思ったりして(笑)

スポンサーリンク

「何言ってもいいんだ」というような相手ほど、実は要注意。

「自分がされて嫌なことを人にしない」・・・を、理解せずに
してしまうと、絶対自分に返ってくるのです。
自分じゃなくても、自分の身内に返ってくる場合がありますよ。
そういう意味での「要注意」なのです。

しかし、大抵はそこに気づかない場合が多いです。
その相手が「それ嫌なんだけど・・・」って言わないから、
気づかないことも多いと思います。
嫌がらせされた方は、声をあげましょう。
そして、どんな人でもそうですが「何をやってもいい」
わけではないってことです。
理由は、人間だから。相手にも、感情や口もあります。