いじめられても、仕返しをしない方がいい理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ijime_girl

私がこのブログを立ち上げて、一番伝えたいのはこの「いじめ」に関することです。
というのも、今でもいじめに関するニュースをよく目にします。
その度に、私は切なくなります。どうやったら、いじめられてる人を救えるのか。

でも、こうやってブログで意見を言う以外出来ないのが悔しいのです。

私は子供の頃から、いじめに遭いました。特に小学生、中学生の頃。
毎日、学校に行くのが本当に嫌でした。
最悪な時は、先生までイジメに加担するという大人げない事態にまで発展。

一番酷かった小学6年生の頃。

この年辺りが、一番酷かったですね。毎日殴られて、物を壊され
でも、先生はいじめっ子に対しては全くお咎めなし。

寧ろ、私が咎められて頭を叩かれました。正直、この当時は誰一人信じることも
出来なかったです。

だけど母には言えず、一生懸命取り繕ったような笑顔で居るしかなかった。
自殺する子が後を絶たないのは、「逃げ場がない」と思ってしまうこと
だと思います。

pose_zetsubou_woman

親に迷惑をかけたくない。だけど、学校に行けば壮絶ないじめが待っている。
いじめっ子が嬉しそうに待っている。私がそうでした。
「学校に行かなくてはいけない。」・・・他の人は助けてくれない。
真面目な子ほど、こういう風に追い詰められやすいわけです。
そこを逃げる・・・という風に、頭が回らないくらい追いつめられているわけです。

勿論、そんな状況が毎日続くわけです。貴方なら、どうしますか?

スポンサーリンク

いじめっ子を恨むくらい辛いかも知れないけど・・・

私をいじめたのは、クラスでも優秀な成績を持った女の子でした。
本気で憎く思いつつ、疲れ果ててこの世を去ろうとしたこともありました。

中には、恨みつらみから相手に仕返しを・・・って考えた人もおられるでしょう。
しかし、これはしない方がいいです。

下手したら、これは自分に返ってきます。

スポンサーリンク

相手が一番嫌なのは、貴方が幸せになること。

相手を恨んでも何も生まれません。すぐに、相手に因果応報が無くても
相手の身内や誰かに返ってくる場合もあります。

自分で言うのも何ですが、私はよく我慢したと思います。
というのも、私は「まだ大人になったら良いこともあるかも。」
自分を信じて、この世を去ろうとすることを辞めました。

確かに、生きにくい世の中ではあります。辛いことも沢山ありました。
だけど、探せば楽しみもあります。何よりも「コイツに負けてたまるか!!」と、思って自分を奮い立たせていました。人によっては、そう考えにくいかも知れませんね。

残念なことに、いじめは無くなりません。人と人のことですから。
だけど、これは私たち大人が本気で考えるべき問題です。